メインメニューを開く

仁実(にんじつ、寛治5年(1091年)- 天承元年6月8日1131年7月4日))は、平安時代後期の天台宗の僧。藤原公実の次男。母は藤原光子藤原隆方女)。待賢門院藤原璋子の同母兄。

略歴編集

比叡山に上り、仁覚仁源慶朝仁豪相覚宗観などに師事して天台教学を学んだ。鳥羽天皇崇徳天皇の護持僧を務めた。1123年保安4年)33歳の若さで天台座主に就任したが、これは40歳未満の天台座主就任の初例とされる。最勝寺[要曖昧さ回避]尊勝寺の灌頂大阿闍梨を務め、大治5年(1131年)に座主を辞退。翌年の天承元年(1131年)証菩提院別当・法勝寺権別当となるが、同年6月8日に没した。