メインメニューを開く
 
藤原公実
時代 平安時代後期
生誕 天喜元年(1053年
死没 嘉承2年11月14日1107年12月29日
別名 三条大納言
官位 正二位権大納言
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 藤原北家閑院流
父母 父:藤原実季、母:藤原睦子(藤原経平女)
兄弟 公実保実仲実苡子
藤原基貞女、高階永業女
藤原実政女、藤原光子藤原隆方女)
藤原通家
実隆三条実行実兼藤原経実室、覚源、西園寺通季、仁実、徳大寺実能実子公子藤原経実室、源有仁室、璋子季成済実藤原家政
特記
事項
三条家西園寺家徳大寺家の祖
崇徳後白河天皇の外祖父
テンプレートを表示

藤原 公実(ふじわら の きんざね)は、平安時代の後期の公卿歌人正二位権大納言に至り、三条大納言と称す。

略歴編集

大納言実季長男で、母は藤原経平女。閑院家の祖・太政大臣公季の玄孫にあたる。弟に保実仲実、妹に苡子堀河天皇女御鳥羽天皇生母)らがいる。白河院とは従兄弟に当たるため朝廷の信任も篤く、堀河天皇に近臣として仕え、妻光子は堀河・鳥羽二代の乳母となった。歌壇でも活躍し、長治2年(1105年)頃奏覧の『堀河院御時百首和歌』に出詠し、後拾遺集以下の勅撰和歌集に57首が入集している。また家集『公実集』(断簡のみ)がある。

公実の逸話として、嘉承2年(1107年)に甥が鳥羽天皇として即位した時、公実は摂関家の当主忠実の若年であることを侮って、幼帝の外舅の地位にある自らこそ摂政に就任すべしと主張したが、「五代もの間、並の公卿として仕えた者が今摂関を望むとは」と白河院別当の源俊明に一蹴されたという話がある[1]。また、鳥羽天皇の即位直後、天皇の側近く仕える公卿が行うべき作法を天皇の伯父である公実が知らなかったことを藤原忠実から批判されている[2]。樋口健太郎は公実を含む閑院流には天皇を後見するために必要な有職故実に伝わっていなかった上に、鳥羽天皇の即位時に閑院流の公卿は権大納言の公実と弟の権中納言の仲実しかおらず、輔仁親王という皇位継承を巡る競争相手が控えた鳥羽天皇の後見として閑院流(公実・仲実兄弟)は頼りにならなかったという現実的な理由があったとしている[3]。しかも、その公実も鳥羽天皇の即位からわずか4か月後に病死している。享年55。

しかし、公実の権勢はその子供たちの出世にそのまま反映され(実行太政大臣実能左大臣、末娘璋子鳥羽天皇中宮)、三条西園寺徳大寺の三清華家の共通の祖となった。

系譜編集

略歴編集

脚注編集

  1. ^ 「公季ヲモヒモヨラデ、ソノ子ムマゴ実成、公成、実季ト五代マデタエハテヽ、ヒトエノ凡夫ニフルマイテ代々ヲヘテ、摂政ニハサヨウノ人ノイルベキホドノツカサカハ」(『愚管抄』巻4)
  2. ^ 『殿暦』嘉承2年7月28日条
  3. ^ 樋口健太郎『中世王権の形成と摂関家』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02948-3 P20-21
  4. ^ 藤原北家小野宮流の出身

関連項目編集