メインメニューを開く

仁科重貞

室町時代初期の武将

仁科 重貞(にしなしげさだ、生没年不詳)は室町時代初期の武将。

1335年建武2年)には建武の新政に離反した足利尊氏追討軍に従軍。1336年(建武3年)南朝により藤原光継の跡職を継承し信濃国司(信濃守)に補任。同年足利直義軍に対する比叡山籠城、その後の後醍醐天皇入京に従う。

元弘3年に新田義貞に従い、執権北条高時を鎌倉に攻めた「仁科氏重」と同一人物とする説がある。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『参考太平記』