メインメニューを開く
今園国映

今園 国映(いまぞの くにてる[1]嘉永4年5月25日1851年6月24日) - 明治26年(1893年4月12日)は、日本の華族坊城俊政の次男で芝山国典養子。

経歴編集

文化2年(1862年)仏門に入り、奈良興福寺塔頭賢聖院の法嗣として入り、慶応4年(1868年)正月に同院を相続した。しかし同年4月に堂上家出身の門跡および諸院家は還俗を命ぜられ、明治2年11月華族に列し今園家を創建した。明治8年華族となり、明治17年(1884年男爵授爵[2]

明治24年(1891年)12月、貴族院男爵議員に選出され、死去するまで在任した[3]

親族編集

注釈編集

  1. ^ くにはえ(橋本天理教教祖伝p279)
  2. ^ 子爵との説もある(日本人民大辞典(平凡社)
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』64頁。
  4. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、201頁。

参考文献編集

  • 国史大辞典(吉川弘文館)
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
今園家初代
1884年 - 1893年
次代:
今園国貞