メインメニューを開く

今日のソ連邦(こんにちのソれんぽう[1])は、1958年昭和33年)から1991年平成3年)にかけて駐ソビエト社会主義共和国連邦大使館広報部が日本人向けに刊行していた月刊広報誌雑誌)である[2]

出版社は東京都新時代社[2]。1958年(昭和33年)に第1号が刊行され、1989年(昭和64年)9月の通巻第735号までは月に2回刊行されていたが、1991年(平成3年)1月の通巻第751号をもって休刊となっている[2]

概要編集

東西冷戦の最中、鉄のカーテンの向こうに存在するソ連についての情報を得るための数少ない貴重な手段であった。また基本的には「ソ連邦」の立場による広報・プロパガンダ誌であるという前提があるが、ロシアウクライナペロルシアウズベク等の各民族(地域)の当時の日ソ関係下では入手しづらい情報が入手でき、また超科学研究を行っていたことから、その成果を宣伝するため超常現象地球外生命体との交信についての話題など多岐に渡っていた。なお、ソ連崩壊とともに廃刊され、現在では古本屋などで購入することができる。

大阪万博つくば科学万博などのソ連館で配布されたこともあり、2014年現在で40代以上の世代は「今日のソ連邦」を見た記憶がある者が多い。

映画監督の金子修介は、日本共産党の党員だった両親が、「今日のソ連邦」を購読していたと証言していた[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii 図書 - 今日のソ連邦”. 国立情報学研究所. 2015年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c 今日のソ連邦 (新時代社): 1958|書誌詳細|国立国会図書館サーチ”. 国立国会図書館. 2015年4月18日閲覧。
  3. ^ 金子修介「三大怪獣 地球最大の決戦 怪獣映画と革命家族」『別冊映画秘宝 東宝特撮総進撃』洋泉社、2009年、p24

関連項目編集