今福龍太

今福 龍太(いまふく りゅうた、1955年9月30日 - )は、日本の文化人類学者・批評家。東京外国語大学大学院教授。

目次

来歴・人物編集

東京都生まれ。栄光学園高等学校、東京大学法学部卒業。1982年よりメキシコキューバブラジルにて人類学的調査に従事。1987年テキサス大学オースティン校大学院博士課程単位取得(人類学・ラテンアメリカ研究)。エル・コレヒオ・デ・メヒコ、中部大学慶應義塾大学SFC、カリフォルニア大学サンタクルーズ校等で研究勤務。1998年に札幌大学教授、2005年より東京外国語大学教授。

2000年にはサンパウロ大学日本文化研究所客員教授を務め、現在はサンパウロ・カトリック大学客員教授として同大学コミュニケーション・記号学研究科大学院にて随時セミナーを持つ。2017年『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』で読売文学賞(第68回、随筆・紀行部門)を受賞。

山口昌男の影響のもと、いちはやく狭義の文化人類学から周辺諸領域へと越境し、従来の学問の枠に収まらない自在な筆およびフィールドワークで独自の世界を構築する学者である。

著書編集

単著編集

  • 『荒野のロマネスク』(筑摩書房、1989/岩波現代文庫、2001)
  • 『感覚の天使たちへ』(平凡社、1990)
  • 『クレオール主義』(青土社、1991/ちくま学芸文庫(増補版)、2003)
  • 『移り住む魂たち』(中央公論社、1993)
  • 『遠い挿話』(青弓社、1994)
  • 『野性のテクノロジー』(岩波書店、1995)
  • 『スポーツの汀』(紀伊國屋書店、1997)
  • 『移動溶液』(新書館、1998)
  • 『フットボールの新世紀  美と快楽の身体』(廣済堂出版〈廣済堂ライブラリー〉、2001)
  • 『ここではない場所  イマージュの回廊へ』(岩波書店、2001)
  • 『ミニマ・グラシア 歴史と希求』(岩波書店、2008)
  • 『ブラジルのホモ・ルーデンス サッカー批評原論』(月曜社、2008)
  • 『群島–世界論』(岩波書店、2008)
  • 『身体としての書物』(東京外国語大学出版会、2009)
  • 『レヴィ=ストロース 夜と音楽』(みすず書房、2011)
  • 『薄墨色の文法 物質言語の修辞学』(岩波書店、2011)
  • 『書物変身譚』(新潮社、2014)
  • 『ジェロニモたちの方舟 群島-世界論〈叛アメリカ〉篇』(岩波書店、2015)
  • 『わたしたちは難破者である』(河出書房新社、2015)
  • 『わたしたちは砂粒に還る』(河出書房新社、2015)
  • 『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』(みすず書房、2016)
  • 『クレオール主義 パルティータ I 』(水声社、2017)。著作集(全5巻)
  • 『群島-世界論 パルティータ II 』(水声社、2017)
  • 『ボーダー・クロニクルズ パルティータ IV 』(水声社、2017)

共著編集

  • 『知のケーススタディ』 多木浩二 新書館 1996
  • 『時の島々』 東松照明 岩波書店 1998
  • 『アーキペラゴ 群島としての世界へ吉増剛造 岩波書店 2006
  • 『Longe do Brasil 1935-2000 ブラジルから遠く離れて1935-2000』サウダージ・ブックス共編著、港の人 2009
  • 『近代スポーツのミッションは終わったか 身体・メディア・世界稲垣正浩西谷修 平凡社 2009

編著編集

  • 戸井田道三の本』全4巻(筑摩書房 1993-94)
  • 『世界文学のフロンティア』 全6巻(共編、岩波書店 1996-97)
  • 『21世紀・文学の創造』 全9巻・別巻1(共編、岩波書店 2002-03)
  • 『山口昌男著作集』全5巻(筑摩書房 2002-03)
  • 『アルフレッド・アルテアーガ+高良勉 詩選』叢書 群島詩人の十字路(編訳、サウダージ・ブックス, 2009)
  • 『マイケル・ハートネット+川満信一 詩選』 叢書 群島詩人の十字路(編訳、サウダージ・ブックス, 2010)
  • 『むかしの山旅』(河出文庫, 2012)
  • 『津波の後の第一講』(鵜飼哲共編、岩波書店, 2012)
  • 『山口昌男コレクション』(ちくま学芸文庫, 2013) 
  • 『映像の歴史哲学』(多木浩二著、みすず書房, 2013) 
  • 『新編 太陽の鉛筆』(東松照明著、伊藤俊治共編、赤々舎, 2015)

翻訳編集

外部リンク編集