テキサス大学オースティン校

テキサス大学から転送)

テキサス大学オースティン校英語: The University of Texas at Austin)は、アメリカ合衆国テキサス州オースティンに本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1883年に設置された。「UT Austin」もしくは「UT」などの略称で呼ばれることもある[12]

テキサス大学オースティン校
University of Texas at Austin
University of Texas at Austin.JPG
旧称 テキサス大学
(1881–1967)[1]
モットー Disciplina Praesidium Civitatis (ラテン語)[2][注釈 1]
種別 公立 旗艦校 研究大学
設立年 1883年9月15日 (138年前) (1883-09-15)
上位機関 テキサス大学システム
学術的提携関係
資金 $30.1 billion (全体) (2019年)[3]
予算 $3.1 billion (2018年)[4]
学長 Jay Hartzell[5]
プロヴォスト Sharon L. Wood[6]
教員数
3,722人 (2019-20)[7]
職員数
11,645人 (2015年)[8]
学生総数 51,090人 (2019年)[7]
学部生 40,163人 (2019年)[7]
大学院生 10,927人 (2019年)[7]
所在地 アメリカ合衆国
テキサス州オースティン
キャンパス 大規模都市[9], 431エーカー (1.74 km2)
新聞 The Daily Texan
スクールカラー バーントオレンジとホワイト[10]
   
ニックネーム ロングホーンズ
マスコット
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
NCAAディビジョンI FBS:
公式サイト www.utexas.edu
University of Texas at Austin logo.svg
テンプレートを表示

公立の学費でアイビーリーグと同等の教育を受けられる(ただし、留学生と州外の生徒は公立料金の扱いは除外される)大学を指すパブリック・アイビーの一つである[13]。2021年の時点で5万人の学部生と大学院生、3千人の教職員を抱え、150以上の学部の学位課程、博士課程を含めて200以上の大学院の学位課程を提供している[14]

アメリカの学術研究の一大拠点であり、2018年度の研究費は6億7980万ドルとなっている[15][16]。2021年現在、卒業生および関係者には少なくとも4人のノーベル賞受賞者[17]、2人のフィールズ賞受賞者[18]、2人のアーベル賞受賞者[19]、2人のチューリング賞受賞者[20]がいる。

1967年までは複数の都市に学部や分校があるテキサス大学の本校(Main University of Texas at Austin)という扱いであったが、1967年からテキサス大学が大学の集合体であるテキサス大学システムに再編され、本校もテキサス大学オースティン校に改称された[21]。現在のテキサス大学システムは8校の大学と5個の医療機関によって構成されるアメリカ最大の公立大学システムである[22][23]

評価編集

Richard Mollは1985年の著書で公立の学費でアイビーリーグと同等の教育を受けられる大学を指すパブリック・アイビーとして、テキサス大学オースティン校を含む8校を挙げた[13]。卒業生、関係者の各分野での活躍は目覚しく、ノーベル賞ピューリッツァー賞アメリカ国家科学賞アメリカ国家技術賞等、数々の分野においてその実績、研究が高く評価されている[24]ノーベル賞では、これまでに化学賞物理学賞生理学・医学賞を受賞している[24]数学においても複数のフィールズ賞[18]アーベル賞[19]受賞者を、計算機科学においても2人のチューリング賞受賞者を輩出している[20]

2022年のUSニューズ&ワールド・レポートのランキングでは全米38位[25]、2022年のTHE世界大学ランキングでは世界47位[26]、2022年のQS世界大学ランキングでは世界67位[27]にランクインしている。2021年のQS世界大学ランキングでは分野別で石油工学が世界2位、Communication & Media Studiesが世界4位の評価を受けている[28]。2022年のUSニューズ&ワールド・レポートの大学院ランキングにでは会計学石油工学地質学ラテンアメリカの歴史、人口社会学において全米1位の評価を得た[29]

沿革編集

テキサス大学の本校として設立編集

1876年にテキサス州憲法においてテキサス大学の設置が規定された[30]1881年オースティンがテキサス大学のメインキャンパス、ガルベストンが医学部の中心として選ばれた[31]1883年9月に未完成の建物の中で行われた式典において、テキサス大学は正式に開校された[30]

発展編集

1923年にテキサス大学の土地から石油が採掘され[32]、大学の基金が増えたことに伴って30年代までに23の大学施設が完成した[30]1929年には、テキサス州の大学で初めて北米トップクラスの研究大学の組織であるアメリカ大学協会の会員として招待され、一流大学として認められた[30]

1963年から1983年まで理事を務めたFrank Erwinは州や政府との強い繋がりを利用してテキサス大学の発展に貢献し、学生数は22,000人から41,500人に増加、立法府の予算は1,600万ドルから1億ドルに増加し、キャンパスは55の主要な建築プロジェクトを完成させた[30]

テキサス州内の複数の都市にテキサス大学の学部や分校が設立されて拡大していたが、1967年にテキサス大学は大学の集合体としてテキサス大学システムという名称になり、本校はMain University of Texas at Austinからテキサス大学オースティン校に改称された[21]

多様性の受容編集

他の連合国の主要大学と同様に黒人生徒の入学は認められていなかったが、1950年にHeman Sweattの訴えが合衆国最高裁判所で認められたことでテキサス大学で初の黒人生徒となった[30]

メディカルスクールの設置編集

オースティンは大規模都市であるにもかかわらずメディカルスクールや教育を行う医療機関がなかったため、州からもメディカルスクールの設立を求める動きがあった[30][33]2012年にはトラヴィス郡で税の引き上げによってメディカルスクール設立の資金を確保することが決まった[30][33]2013年デル創業者のマイケル・デルと妻によるマイケル&スーザン・デル基金より5,000万ドルの寄付を受けることが決まった[30][33]2016年にはメディカルスクール(Dell Medical School)の最初の生徒を迎えた[30]

キャンパス編集

 
UTタワー
 
Battle Hall

テキサス州議会議事堂から1.6km北に位置するメインキャンパスは431エーカーあり[14]、そのほかにオースティン北部には475エーカーのJ. J. Pickle Research Campusなどを有する[34]。メインビルディングにある、Paul Philippe Cretによってデザインされた307フィートのUTタワーは大学のシンボルとなっている[35]。大学が学問やスポーツで優秀な成績を修めた際にはオレンジ色にライトアップされる[36]。このタワーでは1966年にテキサスタワー乱射事件が起こった。

キャンパス内には7つの博物館、17の図書館を有し、1,000万冊の蔵書を保有している[14]。中でもブラントン美術館はアメリカの大学で最大の美術館のひとつである[37]

学部・研究科編集

2021年現在、テキサス大学オースティン校には18のカレッジがあり[38]、およそ300の学部、大学院、専門職の学位を授与している[39]。2019年度には合計15,299人に学位を授与した[40]

入学・構成編集

2020年度秋学期への学部1年生の出願者数は57,241人で18,291人に入学許可が下り、合格率は32%であった[41]。入学者は8,459人で40.4%が男子、59.6%が女性だった[42]。91.9%がテキサス州の在住、6.4%がそれ以外のアメリカ人、1.6%が留学生であった[42]。学部生について、テキサス州の高校でトップ6%の成績を収めると自動的に入学が許可されるという特殊な方針がある[13][43][注釈 2]

2020年度の大学院への出願者数は29,524人で8,278人に入学許可が下り、合格率は28%であった[44]。入学者は3,451人で51%が男性、49%が女性だった[44]。人種構成は47%が白人、11.5%がアジア系、15%がヒスパニック、4%が黒人、17%が留学生となっている[44]

スポーツ編集

 
2005年 UT VS Colorado戦

チームはロングホーンズ (Longhorns) と呼ばれ、NCAAのディビジョンI(アメリカンフットボールはディビジョンI-A)のビッグ12カンファレンス南地区に属している[45]。各チームは全国的強豪として知られ、2021年までの全米大学選手権での優勝数は47回に上る[46]。このうちNCAA(全米大学体育協会)の優勝数は2018年時点で47回で、全米6位となっている[47]。特にカレッジ・フットボールで強豪として知られており[48]、2021年までに4度にわたりナショナル・チャンピオンとなっている[46]

オリンピックにおいて在学生および卒業生が2020年東京オリンピックまでに153個のメダルを獲得している[49]

主な出身者編集

経営者
軍人
学者
映画監督・作家
スポーツ選手
俳優・歌手
その他

脚注編集

注釈編集

  1. ^ "Cultivated mind is the guardian genius of democracy"(直訳すると「教養は民主主義の守護神である」)というテキサス共和国第2代大統領ミラボー・B・ラマーの言葉をEdwin Whitfield Fayがラテン語に訳した言葉。
  2. ^ 2018年度までは上位7%であった。

出典編集

  1. ^ Battle, William James (2015年12月2日). “The University of Texas at Austin”. Texas State Historical Association (TSHA). 2022年2月27日閲覧。
  2. ^ Seal of the University | University of Texas System” (英語). The University of Texas System (2018年5月23日). 2022年2月28日閲覧。
  3. ^ As of June 30, 2019. U.S. and Canadian 2019 NTSE Participating Institutions Listed by Fiscal Year 2019 Endowment Market Value, and Percentage Change in Market Value from FY18 to FY19 (Revised)”. National Association of College and University Business Officers and TIAA. 2020年8月17日閲覧。
  4. ^ Operating budget”. University of Texas at Austin (2018年). 2019年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月23日閲覧。
  5. ^ “McCombs Business Dean Hartzell named interim president of UT Austin”. The University of Texas System. (2020年4月8日). https://utsystem.edu/news/2020/04/08/mccombs-business-dean-hartzell-named-interim-president-of-ut-austin 2020年4月9日閲覧。 
  6. ^ Directory - Provost Staff” (英語). Office of the Executive Vice President and Provost. 2022年2月28日閲覧。
  7. ^ a b c d UT Austin by the Numbers”. University of Texas at Austin. 2020年8月22日閲覧。
  8. ^ Fast facts 2016”. 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月23日閲覧。
  9. ^ COLLEGE Navigator The University of Texas at Austin”. IES NCES. 2022年2月27日閲覧。
  10. ^ Visual Identity: Colors”. The University of Texas at Austin. 2016年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月11日閲覧。
  11. ^ Cobb, David; Dodd, Dennis (July 30, 2021). "Texas, Oklahoma join SEC: Longhorns, Sooners accept invitations as Big 12 powers begin new wave of realignment". CBS Sports.
  12. ^ Writing Style Guide | University of Texas System” (英語). The University of Texas System (2021年6月3日). 2022年2月27日閲覧。
  13. ^ a b c What is a Public Ivy?” (英語). Shemmassian Academic Consulting. 2022年2月28日閲覧。
  14. ^ a b c Facts & Figures | The University of Texas at Austin”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  15. ^ Table 20. Higher education R&D expenditures, ranked by FY 2018 R&D expenditures: FYs 2009–18”. ncsesdata.nsf.gov. National Science Foundation. 2020年7月20日閲覧。
  16. ^ UT System Research Expenditures”. 2018年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月26日閲覧。
  17. ^ Nobel Prize - Office of the Vice President for Research, Scholarship and Creative Endeavors” (英語). The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  18. ^ a b Fields Medal Recognition Linked to Work at UT Austin” (英語). The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  19. ^ a b Mathematics’ Highest Prize Awarded to UT Austin’s Karen Uhlenbeck” (英語). UT News (2019年3月19日). 2022年2月27日閲覧。
  20. ^ a b Research Awards | Department of Computer Science”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  21. ^ a b Legislative Reference Library | Legislation | Search results”. Legislative Reference Library of Texas. 2022年2月27日閲覧。
  22. ^ About The University of Texas System | University of Texas System” (英語). The University of Texas System (2021年12月16日). 2022年2月27日閲覧。
  23. ^ UT System among top 10 most innovative universities in the world | University of Texas System” (英語). The University of Texas System (2018年5月23日). 2022年2月27日閲覧。
  24. ^ a b Honors and Recognition - Office of the Vice President for Research, Scholarship and Creative Endeavors” (英語). The University of Texas at Austin. 2022年2月28日閲覧。
  25. ^ University of Texas at Austin - Profile, Rankings and Data | US News Best Colleges”. US News. 2022年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  26. ^ University of Texas at Austin” (英語). Times Higher Education (THE) (2021年10月19日). 2022年2月27日閲覧。
  27. ^ University of Texas at Austin” (英語). Top Universities. 2022年2月27日閲覧。
  28. ^ UT Austin Is Once Again Named Among the World’s Leading Universities” (英語). UT News (2021年3月3日). 2022年2月27日閲覧。
  29. ^ Rankings | Graduate School | The University of Texas at Austin”. The University of Texas at Austin. 2022年2月28日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j History | The University of Texas at Austin”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  31. ^ History of The University of Texas System | University of Texas System” (英語). The University of Texas System (2018年9月14日). 2022年2月27日閲覧。
  32. ^ TSHA | Santa Rita Oil Well”. Texas State Historical Association (TSHA). 2022年2月27日閲覧。
  33. ^ a b c History” (英語). Dell Medical School. 2022年2月27日閲覧。
  34. ^ TSHA | J. J. Pickle Research Campus”. Texas State Historical Association (TSHA). 2022年2月27日閲覧。
  35. ^ History of the UT Tower” (英語). The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  36. ^ What’s the Story Behind the Tower?” (英語). UT News (2018年10月4日). 2022年2月27日閲覧。
  37. ^ BLANTON MUSEUM OF ART POISED TO BECOME LARGEST UNIVERSITY MUSEUM IN THE UNITED STATES”. The University of Texas at Austin. 2011年6月28日時点の[www.utexas.edu/finearts/about/press/blanton-museum-art-poised-become-largest-university-museum-united-states オリジナル]よりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  38. ^ Areas of Study” (英語). The University of Texas at Austin (2015年1月8日). 2022年2月27日閲覧。
  39. ^ Organization of the University's Academic Units”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  40. ^ Statistical Summaries”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  41. ^ PDF Common Data Set Reports | Institutional Reporting, Research, and Information Systems (IRRIS)”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  42. ^ a b Freshman Student Profile | Undergraduate Admissions | The University of Texas at Austin”. The University of Texas at Austin. 2021年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  43. ^ Growth in Texas Drives UT Austin Automatic Admission to Top 6 Percent” (英語). UT News (2017年9月15日). 2022年2月28日閲覧。
  44. ^ a b c 2020 Enrollment Stats.png | Graduate School”. The University of Texas at Austin. 2022年2月27日閲覧。
  45. ^ Big 12 Conference” (英語). Big 12 Conference. 2022年2月27日閲覧。
  46. ^ a b National Championships” (英語). University of Texas Athletics. 2022年2月27日閲覧。
  47. ^ Colleges with the most NCAA championships | NCAA.com” (英語). NCAA. 2022年2月27日閲覧。
  48. ^ The 5 greatest Texas Longhorn players of all-time” (英語). 247Sports. 2022年2月27日閲覧。
  49. ^ Texas Athletics completes Tokyo Olympics with 9 total medals, including 5 gold” (英語). University of Texas Athletics. 2022年2月27日閲覧。
  50. ^ Michelle Denee Carter”. USATF. 2015年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月26日閲覧。

関連校編集

外部リンク編集

座標: 北緯30度17分10秒 西経97度44分22秒 / 北緯30.28614度 西経97.73942度 / 30.28614; -97.73942