仏陀跋陀羅

、東晋の中国で活動した北インド出身の訳経僧

仏陀跋陀羅(ぶっだばったら、サンスクリット語: Buddhabhadra, ブッダバドラ 359年 - 429年)は、東晋の中国で活動した北インド出身の訳経僧。姓は釈迦氏、カピラヴァストゥの人である。名前は、音写されて「仏陀跋陀羅」もしくは「仏馱跋陀羅」とされ、意訳されて「覚賢」「仏賢」「覚見」とされる。

仏陀跋陀羅
359年 - 429年
生地 北インド
ブッダセーナ (Buddhasena, 佛大先)
著作 漢訳六十華厳
テンプレートを表示

生涯編集

17歳で出家、同学の僧伽達多とともに罽賓に至った。そこで、中国僧の智厳と出会い、智厳から、中国では正しい禅法を教化できる師を求めていることを聞き、中国行を決意する。

最初、青州に渡来し、長安に向かって、鳩摩羅什とともに過ごした。その後、長安の道恒らの有力僧の排斥を受けて、慧観らの門弟40名を伴って南へ逃れた。排斥の原因は、仏陀跋陀羅の持していた禅法と戒律が、鳩摩羅什の影響下にあった長安仏教界には受け入れられなかったことにあるとされる。

廬山慧遠のもとに落ち着き、禅法関係の経典を漢訳した。

大般涅槃経」や六十巻本の「華厳経」、「摩訶僧祇律」など15部117巻を翻訳した。

翻訳編集

など

参考文献編集

  • 『大乗仏典』vol.12 如来蔵系経典 (中公文庫)
  • 大角修 『善財童子の旅 〔現代語訳〕華厳経「入法界品」』春秋社、2014年6月27日。ISBN 978-4-393-13578-5 

関連項目編集