メインメニューを開く

仙石 政芳(せんごく まさよし、享保18年(1733年) - 宝暦3年8月20日1753年9月17日))は、但馬出石藩の世嗣。2代藩主・仙石政房の六男。官位は従五位下信濃守。

兄5人が全て早世したため、享保20年(1735年)に父が死去すると家督は姉婿の仙石政辰が継いだ。このため、政芳は政辰の養子となり、寛延3年(1750年)に徳川家重に拝謁し叙任した。しかし、家督を継ぐことなく宝暦3年(1753年)に21歳で早世。代わって、一族から仙石久行が政辰の婿養子に迎えられ嫡子となった。