メインメニューを開く

仙石 政辰(せんごく まさとき)は、但馬出石藩の第3代藩主。出石藩仙石家6代。

 
仙石政辰
Senngoku Masatoki.jpg
仙石政辰像(宗鏡寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保8年8月21日1723年9月20日
死没 安永8年8月24日1779年10月3日
改名 陽之助(幼名)→政辰
戒名 実相院殿諦巌了真大居士
墓所 兵庫県豊岡市出石町東條の宗鏡寺
官位 従五位下、越前
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
但馬出石藩
氏族 仙石氏
父母 父:仙石政因、母:長音院(小山氏)
養父:仙石政房
正室増子(須磨子・貞相院、仙石政房の娘)
政直久保、明子(仙石久行正室)、十子(小笠原貞温正室)、娘(井上正広正室)
養子:政芳久行

生涯編集

享保8年(1723年)8月21日、出石藩仙石家の分家である2700石の旗本である仙石政因の7男として生まれる。政因の父・政勝は出石藩の初代主・政明の補佐役を務め、第2代藩主・政房の生母の父であることから、政辰は政房の母方の従弟にあたる。

享保17年(1732年)8月3日、政房の婿養子となる。享保20年(1735年)に養父が死去したため、家督を継いだ。藩政では財政難のため、宝暦2年(1752年)に上米を行なっており、学問の振興にも努めた。しかし明和5年(1768年)11月20日に強訴が行なわれるなど、藩政は混乱している。また寛保二年江戸洪水のために西国大名の手伝い普請に参加した。

安永8年(1779年)8月24日に出石で死去した。享年57。はじめ養子に迎えていた政芳(政房の六男)は早世したため、跡を婿養子の久行が継いだ。

 
政辰の墓所(宗鏡寺