メインメニューを開く

仙石秀範

仙石 秀範(せんごく ひでのり、生没年未詳)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将仙石秀久の嫡男。通称・権兵衛。別名・宗也。従五位下豊前

生涯編集

仙石秀久の次男として生まれる。母は野々村幸成の娘(本陽院)。慶長4年(1599年)、豊臣家から3000を与えられて従五位下、豊前守に叙任された。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与したため、戦後、東軍に与した父から廃嫡された上に勘当されて浪人となり、出家して京都寺子屋の講師を務めていたという。

慶長19年(1614年)に大坂の陣が始まると、弟の仙石忠政が徳川方に与したのと異なり、豊臣方として大坂城に入って戦った。このとき、豊臣家から大名衆として3万石前後の所領を与えられている。しかし翌年の夏の陣で豊臣氏の敗北が決定的となると、丹波に逃亡した。その後の秀範の行方は不明である。夏の陣で討死したともいわれている。

ただし、10歳になる息子長太郎は伯耆で捕らえられ、夏の陣後の閏6月22日に六条河原で乳母の子供と共に斬られ、晒し首にされた。ほかに徳という女子がおり、叔父の仙石忠政に預けられ、寛永12年(1635年)に没した。

参考文献編集