メインメニューを開く

チリ共和国の代議院(チリきょうわこくのだいぎいん、スペイン語: Cámara de Diputados de la República de Chile)は、チリ共和国の議会を構成する議院のひとつで、下院に相当する。

チリ共和国の代議院
Cámara de Diputados de la República de Chile
第54全国期議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
マヤ・フェルナンデススペイン語版社会党)、
2018年3月11日より現職
副議長
次席副議長
構成
定数 155
Current Structure of the House of Deputies
院内勢力

与党 (チリ・バモス)

野党 (新多数派)

  社会党 (19)
  共産党 (8)

民主的収斂

拡大戦線

  自由党 (2)
  平等党 (1)
  市民力 (1)

すべてのチリのために

  進歩党 (1)

中立立法者

  無所属 (1)
選挙
比例代表制
前回選挙
2017年11月19日
議事堂
Camara-diputados-chile.JPG
 チリ、代議院、
チリの国民会議
バルパライソ
ウェブサイト
Cámara de Diputados de Chile (スペイン語)

これは、各2名の議員を選出する60の選挙区から、直接普通選挙によって4年を任期として選出されるオノラブレ・ディプタド(スペイン語: Honorable Diputado, H.D. 高潔な議員)と呼ばれる120名の代議士で構成されている[1]。議員は少なくとも21歳以上でなければならず、選挙で失格にならず、中等教育を修了した者でなければならず、選挙前少なくとも2年間は該当する選挙区に住んでいなければならない。

チリの議会選挙では、2015年比例代表制を導入する改革法案が議会を通過するまで、ピノチェト反動独裁政権が制定した連立で出馬する候補者が優遇されるチリ独自の多数二名制投票英語版によって代議士を選出していた。連立政党は、各選挙区にある2議席につき2名の候補者を選ぶことができた。一般的に、同一選挙区内の二大連合は自分たちの政党で各1議席を割り当てていた。勝利した連立政党は、主要な連立政党が第2位の連立を2対1以上の賛成票で凌駕する場合に限り、両議席を獲得する規定となっていた[2]

出典編集

外部リンク編集