メインメニューを開く

仮面劇場の殺人

仮面劇場の殺人』(かめんげきじょうのさつじん、Panic in Box C [1] )は、ジョン・ディクスン・カーの長編推理小説。名探偵のフェル博士が登場する22番目の長編である。

仮面劇場の殺人
Panic in Box C
著者 ジョン・ディクスン・カー
発行日 1966年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 月明かりの闇
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

かつて、舞台で主演俳優が急死し、所有者や興行一座が二転三転した「仮面劇場」と呼ばれる劇場。その現オーナーであるティヴァートン卿の未亡人。彼女は、再結成された劇団が「仮面劇場」で初公演をすることになり、アメリカに戻る船上にいた。

ところが、船で彼女は狙撃され、犯人の姿も乗船者に発砲の痕跡も全く見つからなかった。そして「仮面劇場」では俳優が急死した曰くつきの演目『ロミオとジュリエット』が再び演じられようとしていた。

主な登場人物編集

  • フィリップ・ノックス - 全米講演の旅に出た歴史家。アメリカ生まれだが、英国生活が長い。
  • ジュデス(ジュディ)・ノックス - 別居したフィリップの妻[2]
  • アダム・ケイリー - 「仮面劇場」の前座長。物語前にすでに死亡している。
  • マージェリー・ヴェーン - 元女優。「仮面劇場」の現所有者。
  • ティヴァートン卿 - マージェリーの亡夫。 マージェリーに遺産を残す。
  • エリザベス(ベス)・ハークネス - マージェリーの女友達。
  • ローレンス(ローリー)・ポーター - マージェリーの秘書。
  • ギディオン・フェル博士 - 名探偵。

提示される謎編集

  • クローズド・サークル(旅客船と劇場)

特記事項編集

  • 物語の冒頭[3]で、いきなり探偵役のフェル博士が登場する。本作品における全登場人物のなかで、最初に台詞を言うのがフェル博士である。

日本語訳書編集

脚注編集

  1. ^ Boxは「箱」と「(劇場などの)仕切り席、ボックス」のダブルミーニング。
  2. ^ 愛称ジュディが、ディクスン名義の長編「パンチとジュディ」に絡めて語られる。
  3. ^ 「仮面劇場の殺人」(創元推理文庫)では2ページ目、原書房ヴィンテージ・ミステリー・シリーズ(第1刷)では1ページ目。