仰天・平成元年の空手チョップ

仰天・平成元年の空手チョップ』(ぎょうてん へいせいがんねんのからてチョップ)は、夢枕獏によるSF長編小説。1989年から1993年まで集英社青春と読書」に連載され、1993年3月に単行本、1996年10月に文庫本が発売された。 文庫本の解説は谷川貞治が書いている。

あらすじ編集

1963年(昭和38年)に殺されたはずの力道山が実は一命を取り止めており、長年の冷凍睡眠から目覚めた。1990年(平成2年)8月13日東京ドーム前田日明と一夜限りの復帰戦を行い、前座としてセミファイナルに猪木対馬場戦を強要するのだった。

登場人物編集

参考文献編集