仲弓

孔子の高弟。孔門十哲の一人。

仲弓(ちゅうきゅう)は、孔門十哲のひとりである。仲弓は、姓は、名は。生没年は不詳。魯国出身。

徳行科に列した。『論語』に冉也篇がある。その人格の高さから「南面すべし」(君主は南を向いて座ることから、君主たる器量があるという意味)と孔子がたたえたほどである。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]