メインメニューを開く

伊丹 総堅(いたみ ふさかた、生年不明 - 天文22年(1553年))は、戦国時代武将能登畠山氏の家臣。宗右衛門。畠山七人衆の一人。

元服時に畠山義総より偏諱を受けて総堅と名乗る。主に義総の子・義続の代から活動がみられ、年寄衆として仕えた。

天文22年(1553年)、能登畠山氏家中の内紛大槻一宮合戦では、遊佐続光に属すも温井総貞に遊佐方は敗れ、総堅も戦死した。

参考文献編集