温井 総貞(ぬくい ふささだ)は、戦国時代武将能登畠山氏の家臣。剃髪後の温井紹春でも知られる。畠山七人衆の筆頭。能登国天堂城主。

 
温井総貞
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 弘治元年(1555年
改名 総貞→紹春(法名)
別名 備中入道
戒名 紹春禅定門
官位 兵庫助備中
主君 畠山義総義続義綱
氏族 温井氏
父母 父:温井孝宗
兄弟 総貞続基(景貞)、綱貞
続宗
テンプレートを表示

生涯編集

藤原北家利仁流温井氏は能登の国人で、現在の輪島を領していた。

畠山義総義続義綱3代にわたり仕えた(最初の主君・義総からは偏諱(「総」の字)を与えられた)。文芸に深く義総の寵愛を受け家中の筆頭重臣となった。天文3年(1534年)に兵庫助、天文14年(1545年)に備中を称す。義続・義綱の時代になると専横に振る舞うようになり、畠山七人衆の筆頭となった頃には、遊佐氏の当主・遊佐続光を蹴落とし、権力を欲しいままにした。

弘治元年(1555年)、権力回復を目指す主君・義綱と、その近臣・飯川義宗の謀略により暗殺された。