メインメニューを開く

伊勢 貞助(いせ さだすけ)は、戦国時代室町幕府幕臣。伊勢貞遠の子。子に伊勢貞知興正寺証秀室など。初名は貞堯。通称は与一。一時的出家して、牧雲斎常真と名乗った。

 
伊勢貞助
時代 戦国時代
生誕 永正元年(1504年
死没 天正3年(1575年)以降
別名 初名:貞堯、通称:与一、剃髪号:牧雲斎常真
幕府 室町幕府奉公衆申次衆
氏族 伊勢氏
父母 父:伊勢貞遠
兄弟 貞充貞助
伊勢貞知興正寺証秀室など
テンプレートを表示

経歴・人物編集

政所執事であった伊勢貞陸の孫にあたる。兄である伊勢貞充が没したのを受けて貞遠の後継ぎとなり、天文8年(1539年)頃に家督を継いだ[1]。ところが同年9月に作成された「筑後国高良法楽三十首」には「常真伊勢貞堯」と記されていることから、家督継承後に何らかの事情で出家したとみられている[2]

天文19年(1550年)、京都を脱出した足利義輝細川晴元伊勢貞孝らの代わりに京都を支配していた三好長慶に召し出された。当時、長慶は朝廷や諸大名との外交交渉や彼が後ろ盾になっていた細川氏綱の権威づけのために室町幕府の武家故実書札礼を知る者を求めており、当時隠棲状態にあった貞助が召し出されたとみられている[3]。長慶の後押しで天文22年(1553年)以前[4]に出家の身で父・貞遠の官職である加賀守に任ぜられ、同年閏正月には将軍である足利義輝の元に出仕して幕府への復帰を果たした(『言継卿記』)[5]。更に弘治年間に入ると、還俗して貞助と名乗っている[6]

こうした経緯から、室町幕府の奉公衆申次衆として足利義輝に仕えながら、三好長慶・義興(義長)父子や松永久秀と共に行動することが多く、三好氏における政治・儀礼顧問的の役割を担った。室町幕府内では親三好政権と言える存在であった[7][8]。特に永禄8年(1565年)に足利義輝が三好三人衆らに襲われて殺害された永禄の変の際には他の奉公衆が将軍を守るために戦っている最中に室町幕府歴代の重宝が入った唐櫃を御所から運び出し[9]、その後に三好三人衆が推す足利義栄に仕えてその将軍宣下に奔走している[7]。こうした事情から義輝の弟である足利義昭が将軍に就任すると引退した。著作である『雑々書札』に天正元年(1573年)の年次と70歳の年齢が記されていることや他の写本に72歳の奥書が記されているものがあることから、天正3年(1575年)までは健在であったとみられる[10]。嫡男の貞知は既に同族の因幡守家を継いでいたため、足利義昭に仕えることが許されたが、義昭が織田信長に追放される以前に既に近衛家の家臣に転じている[10]

貞助の著作として知られているものとして『伊勢家鷹書薬餌抜書』・『伊勢貞助雑記』・『伊勢貞助返答記』・『御成記』・『貞助記』・『下間大蔵法橋尋申条々』・『鷹之鳥台居之事伝』・『武雑書札礼節』・『返答』・『伊勢因幡入道并常真返答』・『伊勢常真記』・『伊勢常真書札之事』・『伊勢友枕斎伊勢常真返答書』・『書札覚悟』・『姓名録抄』・『鷹之事』・『書札礼節』・『雑々聞撿書』・『雑々書札』・『鳩拙抄』・『三好義長亭御成記』などが知られている[10]。また、後に江戸幕府が編纂した室町幕府の歴史書『後鑑』には『伊勢貞助記』と呼ばれる書からの引用が多数みられるが、木下聡によれば貞助の著作である『貞助記』・『雑々聞撿書』・『雑々書札』・『聞書』(父・貞遠の著作の写本)の4冊の本から抽出されたものと推定される[11]

脚注編集

  1. ^ 伊勢氏関係の文書をまとめたとみられる『書札記』と呼ばれる書に伊勢与一(貞助の通称)に所領を譲った「常怡(伊勢貞遠)譲状写」とこれを受けた天文8年付の幕府奉行人連署奉書写が所収されている(木下、2018年、P194.)。
  2. ^ 木下、2018年、P194.
  3. ^ 木下、2018年、P203-204.
  4. ^ 『言継卿記』天文22年正月4日条の「伊勢加賀入道」より。
  5. ^ 木下、2018年、P194・203.
  6. ^ 木下、2018年、P194・208.
  7. ^ a b 木下、2018年、P204.
  8. ^ 木下聡は貞助の著作には三好氏・松永氏と幕府との関係の記事が多いが、記述自体は客観的で両氏に肩入れしているような記述は見られない。ただし、三好氏と将軍義輝の対立に関わる部分はそこに関する記述は忌避して故実に関する部分のみを記述していると評価している(木下、2018年、P204-205.)。
  9. ^ 『言継卿記』永禄8年5月19日条
  10. ^ a b c 木下、2018年、P195.
  11. ^ 木下、2018年、P196-202.

参考文献編集

  • 木下聡「『後鑑』所載「伊勢貞助記」について」(初出:『戦国史研究』57号(2009年)/所収:木下昌規 編『シリーズ・室町幕府の研究 第四巻 足利義輝』(戎光祥出版、2018年) ISBN 978-4-86403-303-9)