メインメニューを開く

伊藤 建夫(いとう たてお、1944年頃 - )は、日本の分子生物学者信州大学大学院総合医理工学研究科特任教授。信州大学名誉教授[1]。研究分野は分子生物学分子系統学生物地理学保全生物学

来歴・人物編集

初代伊藤忠兵衛の玄孫。伊藤順吉、保子の長男として生まれる[2]。母は後藤文夫の次女。弟は伊藤正

甲南小学校(40回生)[3]を経て、1967年3月、大阪大学理学部卒業。1969年、大阪大学理学研究科修了。1972年3月、大阪大学理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。1972年4月、日本学術振興会奨励研究員。1972年10月、慶応義塾大学医学部助手。1981年8月、大阪大学理学部助教授。1995年6月、信州大学理学部教授。2010年3月31日、65歳で定年退職[4]。2010年4月、信州大学特任教授。

信州大学テニュアトラック制度普及・定着事業コーディネーターをしていて、ほぼ毎日大学へ出ている。

趣味はの採集旅行[5]

著書編集

  • 岩波生物学辞典 第5版(2013/2 岩波書店)共著
  • 生物物理学ハンドブック(2007/4 朝倉書店)共著
  • 生化学辞典 第4版(2007/12/10 東京化学同人)共著
  • 21世紀への遺伝学Ⅱ 分子遺伝学(1997/0 裳華房)共著 3.遺伝子複製のメカニズム [伊藤建夫] 3.1 DNA複製の基本的仕組み 3.2 DNA鎖伸長の仕組みとDNA複製関連タンパク 3.3 単一レプリコンの複製開始の仕組み 3.4 真核生物染色体DNA複製の開始 3.5 複製開始の調節 3.6 複製の終了 108-151頁
  • 信州からの生態複雑系 21世紀への生物多様性の創出と保全(2000 財団法人長野県テクノハイランド開発機構)共著 信州とその周辺地域で絶滅が危惧されるチョウ?オオルリシジミは復活できるか? 34-36頁

脚注編集

外部リンク編集