後藤 文夫(ごとう ふみお、1884年明治17年〉3月7日 - 1980年昭和55年〉5月13日)は、大正昭和官僚政治家

後藤文夫
ごとう ふみお
Fumio Gotō 1924-28.jpg
台湾総督府総務長官時代
生年月日 1884年3月7日
出生地 日本の旗 日本 大分県大分市
没年月日 (1980-05-13) 1980年5月13日(96歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学政治学科
(現・東京大学法学部
前職 台湾総督府総務長官
所属政党無所属→)
緑風会
称号 勲一等旭日大綬章
藍綬褒章
勲一等瑞宝章
勲三等瑞宝章
第一回国勢調査記念章
勲四等瑞宝章
勲五等双光旭日章
勲六等単光旭日章
配偶者 後藤治子
子女 長男・後藤正夫

内閣 東條内閣
在任期間 1943年5月26日 - 1944年7月22日

内閣 岡田内閣
在任期間 1936年2月26日 - 1936年2月29日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第46代 内務大臣
内閣 岡田内閣
在任期間 1934年7月8日 - 1936年3月9日

日本の旗 第8代 農林大臣
内閣 齋藤内閣
在任期間 1932年5月26日 - 1934年7月8日

選挙区 大分県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1953年5月3日 - 1959年5月2日

その他の職歴
日本の旗 貴族院議員
1930年12月23日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

経歴編集

戦前は内務省警保局長、台湾総督総務部長、農林大臣、内務大臣、大政翼賛会副総裁、東条内閣無任相などを歴任。 「天皇陛下の警察官」を自称し、新官僚の代表と見られた。

このため1945年12月2日には連合国軍最高司令官総司令部から日本政府に対し後藤の逮捕命令が出され(第三次逮捕者59名中の1人)[1]巣鴨拘置所に拘留された。

出所後、1952年(昭和27年)に財団法人電力経済研究所 をつくり、原子力発電を含む電源設置に尽力した。そして1956年(昭和31年)からは日本青年館の理事長に就任して、青年育成にも貢献した。

来歴編集

  • 1884年(明治17年)3月 - 大分県大分市に生まれる
  • 1908年(明治41年)7月 - 東京帝国大学法科大学政治学科を卒業、11月 高等文官試験に首席で合格、12月 内務省に入省
  • 1910年(明治43年)12月 - 陸軍歩兵第72連隊に入営、約1年半の軍隊生活を送る
  • 1917年(大正6年)5月 - 欧米留学(- 1919年12月)
  • 1919年(大正8年)12月 - 警保局警務課長
  • 1920年(大正9年)9月 - 内務省大臣官房文書課長、内務大臣秘書官を兼任する
  • 1922年(大正11年)6月 - 警保局長
  • 1924年(大正13年)9月 - 台湾総督府総務長官
  • 1928年(昭和3年)6月 - 台中不敬事件で総務長官を引責辞任
  • 1930年(昭和5年)12月23日 - 貴族院勅選議員に勅任される(-1945年12月18日)[2]
  • 1932年(昭和7年)1月 - 国維会近衛文麿らとともに発起し理事となる、5月 斎藤内閣農林大臣
  • 1934年(昭和9年)7月 - 岡田内閣で内務大臣に再任
  • 1936年(昭和11年)2月 - 二・二六事件で内相官邸を襲撃されるが外出中で無事、消息不明となった岡田総理の臨時代理を二日間にわたって務める
  • 1941年(昭和16年)8月 - 大政翼賛会中央協力会議長
  • 1942年(昭和17年)6月 - 大政翼賛会事務総長
  • 1943年(昭和18年)4月 - 大政翼賛会副総裁、5月 東条内閣国務大臣
  • 1945年(昭和20年)6月 - 日本林業会初代会長
  • 1945年(昭和20年)12月 - A級戦犯に指名され巣鴨拘置所に拘置
  • 1948年(昭和23年)12月 - 不起訴により釈放
  • 1952年(昭和27年)3月 - 公職追放解除
  • 1953年(昭和28年)4月 - 参議院議員に当選、一期を務める(大分地方区、緑風会
  • 1956年(昭和31年)4月 - 日本青年館理事長。
  • 1969年(昭和44年)11月 - 理事長を辞任、名誉会長に選任
  • 1973年(昭和48年)4月 - 治子夫人死去
  • 1980年(昭和55年)5月 - 肺炎のため[3]96歳で死去

栄典編集

家族編集

長男は法務大臣後藤正夫、次男は東京学芸大学名誉教授の後藤米夫[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 梨本宮・平沼・平田ら五十九人に逮捕命令(昭和20年12月4日 毎日新聞(東京))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p341 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  2. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、38頁、53頁。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)12頁
  4. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  5. ^ a b c 『青年と歩む後藤文夫』
  6. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。
  7. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  8. ^ a b c 日外アソシエーツwhoplus』「後藤文夫(ゴトウフミオ,政治家)」の項

参考文献編集

  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 内政史研究会「後藤文夫氏談話速記録」1968年7月11日『内政史研究資料』4号。
  • 『青年と歩む後藤文夫』日本青年館、1979年

評伝編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、後藤文夫に関するカテゴリがあります。

公職
先代
山本達雄
  内務大臣
第53代:1934年 - 1936年
次代
潮恵之輔
先代
山本悌二郎
  農林大臣
第10代:1932年 - 1934年
次代
山崎達之輔
官職
先代
賀来佐賀太郎
  台湾総督府総務長官
第9代:1924年 - 1928年
次代
河原田稼吉
先代
湯地幸平
  内務省警保局
1922年 - 1923年
次代
岡田忠彦