伊藤 邦武(いとう くにたけ、1949年(昭和24年)- )は、日本哲学者龍谷大学文学部教授、京都大学名誉教授分析哲学アメリカ哲学パースを主として研究している。

経歴編集

  • 神奈川県横須賀市生まれ[1]
  • 1968年3月 神奈川県立湘南高等学校卒業
  • 1973年3月 京都大学文学部哲学科卒業
  • 1975年3月 同大学院文学研究科修士課程修了
  • 1978年3月 同研究科博士課程単位修得退学
  • 1980年6月15日 (アメリカ合衆国)スタンフォード大学大学院哲学科修士課程修了
  • 1981年4月1日 京都大学文学部助手
  • 1985年
  • 1991年4月1日 京都大学文学部助教授
  • 1995年12月1日 同教授
  • 1996年4月1日 同大学院文学研究科(配置換え)
  • 2005年4月1日、同大学教育研究評議員(2006.3.31 まで)
  • 2006年4月1日 同大学院文学研究科長(2008.3.31 まで)
  • 2008年3月1日 和辻哲郎文化賞受賞
  • 2011年(平成23年)11月 紫綬褒章受章
  • 2014年4月 龍谷大学文学部教授[2]
  • 2018年12月 日本学士院会員[3]

京都大学に入学した頃から約30年間、哲学者の野田又夫とは親交を持っていた[4]

著書編集

単著編集

  • 『パースのプラグマティズム――可謬主義的知識論の展開』勁草書房、1985年。
  • 『人間的な合理性の哲学――パスカルから現代まで』勁草書房、1997年。
  • 『ケインズの哲学』岩波書店、1999年。
    • 『ケインズの哲学』〈岩波人文書セレクション〉、2011年。
  • 『偶然の宇宙』岩波書店〈双書現代の哲学〉、2002年。
  • 『パースの宇宙論』岩波書店、2006年。
  • 『宇宙を哲学する』岩波書店〈双書哲学塾〉、2007年。
  • 『ジェイムズの多元的宇宙論』岩波書店、2009年。
  • 『経済学の哲学―19世紀経済思想とラスキン』〈中公新書〉、2011年。
  • 『物語 哲学の歴史―自分と世界を考えるために』〈中公新書〉、2012年。
  • 『九鬼周造と輪廻のメタフィジックス』ぷねうま舎、2014年。
  • 『プラグマティズム入門』〈ちくま新書〉、2016年。

編著編集

共編著編集

訳書編集

出典編集

  1. ^ ソフィア 京都新聞文化会議 - 伊藤邦武氏 虚栄の悪夢 ウォール街に再び”. www.kyoto-np.co.jp. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ 松尾宣昭先生のご退職と伊藤邦武先生のご着任のお知らせ”. 哲学教室&龍谷哲学会からのお知らせ (2014年4月2日). 2016年8月16日閲覧。
  3. ^ 日本学士院会員の選定について”. 日本学士院. 2018年12月13日閲覧。
  4. ^ 野田又夫 (2013-12-17). 哲学の三つの伝統 他十二篇. 岩波書店 

関連項目編集

外部リンク編集