野田 又夫(のだ またお、1910年12月10日 - 2004年4月22日[1])は、日本哲学者大阪府出身。京都大学名誉教授、甲南女子大学名誉教授。1975年紫綬褒章受章、1981年叙勲二等瑞宝章

野田又夫
生誕 1910年12月10日
日本の旗 日本大阪府
死没 2004年4月22日
日本の旗 日本京都府京都市
時代 20世紀の哲学
地域 日本哲学
研究分野 近代西洋哲学、哲学史
テンプレートを表示

概要編集

デカルト研究で著名であり、ラッセル協会設立発起人の一人[1][2]

京都学派の西田幾多郎田辺元九鬼周造らのもとで学び、文献学に基づいた客観的、実証的な哲学研究を行い、岩波新書『パスカル』『デカルト』は多数重版した。

研究姿勢は東洋思想を取り入れた京都学派と異なり、デカルトパスカルなどの近世から近代にかけての西洋哲学を厳密に理解し直すスタイルを貫き、哲学研究者を多く育成した。国際的な哲学史の編集も手がけた。また国際的に権威のあるアメリカの哲学雑誌『モニスト』の編集委員も長く務めた[2]

略歴編集

1927年旧制大阪府立高津中学校(大阪府立高津高等学校の前身)卒業(同期生に大阪大学名誉教授・森三樹三郎がいる)。旧制大阪高等学校で3年間を過ごしたのち、京都帝国大学文学部哲学科へ進学[2]。旧制大阪高等学校時代から同窓の保田與重郎日本浪曼派で著名)らと共に雑誌を発行し、それを西田幾多郎に持っていくなどして西田とは交流していた。自身が京都帝国大学在学した時期は「京都学派」が形成され、彼らによる西洋哲学の研究評伝集、弘文堂「西哲叢書」で最年少の執筆者としてデカルトを担当。

1933年旧制大阪高等学校教授、1947年京都帝国大学文学部助教授、1958年京都大学教授、1974年定年退官し甲南女子大学教授。1975年紫綬褒章受章。1981年叙勲二等瑞宝章2004年4月22日肺炎のため京都市の自宅で死去[1]

著書編集

  • 『デカルト』弘文堂書房 1937
  • 『近代精神素描』筑摩書房 1947
  • 『啓蒙思想とヒューマニズム』みすず書房 1948
  • 『哲学入門』堀書店 1948。ミネルヴァ書房 1963
  • 『西洋近世哲学史』弘文堂(アテネ文庫)1950
  • 『デカルトとその時代』弘文堂 1950。筑摩書房(筑摩叢書)1971
  • 『パスカル』岩波新書 1953
  • 『人生と真実-哲学入門』河出新書 1955
  • 『自由思想の歴史』河出新書 1956
  • 『ルネサンスの思想家たち』岩波新書 1963
  • 『西洋哲学史 ルネサンスから現代まで』ミネルヴァ書房(人文科学選書)1965。ちくま学芸文庫 2017
  • 『デカルト』岩波新書 1966
  • 『哲学の三つの伝統』筑摩書房 1974。紀伊国屋書店 1984
  • 『西洋近世の思想家たち』岩波書店 1974
  • 野田又夫著作集』(全5巻)白水社 1981-82
    • 1巻 デカルト研究
    • 2巻 哲学論考
    • 3巻 思想史研究 上
    • 4巻 思想史研究 下
    • 5巻 随想
  • 『人類の知的遺産 36 ロック』講談社 1985
  • 『哲学の三つの伝統 他十二篇』岩波文庫 2013

翻訳編集

Web上の関連テキスト編集

脚注編集

  1. ^ a b c “野田又夫京大名誉教授が死去”. 京都新聞. (2004年4月24日) 
  2. ^ a b c 野田又夫 『哲学の三つの伝統 他十二篇』岩波書店、2013年12月17日。