メインメニューを開く

伊達村直

日本の江戸時代の大名

伊達 村直(だて むらなお、寛文6年10月28日1666年11月24日) - 宝永6年2月12日1709年3月22日))は、江戸時代前期の仙台藩伊達家の一門。3代藩主伊達綱宗の四男で、登米伊達家伊達宗倫の養子となった。

登米家を継ぐ時、仙台家より「随身像」を持参した。登米神社本門に置かれている。

村直の時の石高は、新田開発などにより家祖白石宗直の頃から5千石増え、約2万石であった。

系譜編集