メインメニューを開く

伊集院 俊忠(いじゅういん としただ、生没年不詳)は鎌倉時代中期、薩摩の人。薩摩島津氏の一族で、伊集院氏の初代当主。官は侍従房。子に久兼(2代)。

薩摩守護島津家2代忠時の七男・忠経の四男。伊集院地頭職を得たことを契機に伊集院へ移り住む。島津家から古城を賜り、それを俊忠が改修したものが内城と伝わる。伊集院氏と称したのは子の久兼からで、俊忠は島津姓であったとも言われている。