メインメニューを開く

島津忠時

島津 忠時(しまづ ただとき)は鎌倉時代前期から中期にかけての武将島津氏の2代当主。父は初代当主・島津忠久。母は畠山重忠の娘(異説あり)。鎌倉幕府御家人。初名は忠義。のちに忠時に改名する。

 
島津忠時
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 建仁2年(1202年
死没 文永9年4月10日1272年5月8日
改名 忠義、忠時、道仏
別名 三郎兵衛尉[1]
神号 劔太刀總心雄命[1]
戒名 浄光明寺殿 道佛仁阿弥陀佛[1]
墓所 鹿児島市本立寺、出水市感応寺
官位 左兵衛尉、左衛門尉、修理亮、大隅[1]
幕府 鎌倉幕府
主君 藤原頼経頼嗣宗尊親王
氏族 島津氏
父母 父:島津忠久、母:貞嶽夫人[1]畠山重忠の娘?)
兄弟 忠時忠綱忠直
得台夫人(伊達念西の妹)[1]
山田忠継、(山田氏祖)、久経高久忠康
忠佐久時忠経町田氏伊集院氏祖)、
久氏[1]

生涯編集

承久3年(1221年)、承久の乱で幕府軍に従軍して武功を挙げた。一門が守護をしていた若狭国守護職を兼任する。

嘉禄3年(1227年)、父・忠久の死により家督を継ぐ。しかし在国はせず、鎌倉に在住して有力御家人として近習番役などに任じられ、幕政で重きを成した。その功により伊賀讃岐和泉越前近江国内などに地頭職を与えられた。

文永2年(1265年)、嫡男の久経に家督を譲った。文永9年(1272年)4月10日、71歳で死去。法号は道仏。墓地は鹿児島市の本立寺。または出水市野田町感応寺

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『島津歴代略記』(島津顕彰会 1985年

関連項目編集