会津 玄察 (あいづ げんさつ、慶長16年(1611年)? - 寛永15年2月28日1638年4月12日))は、江戸時代前期の人物。

島原の乱における一揆勢の指導者のひとり。

大矢野玄察[1]、天草玄札[2]、大矢野源兵衛[3]とも。玄察は号で、他に玄札、見察[4]

概要編集

島原の乱以前の経歴は不明だが、乱当時幕府軍に捕らえられていた渡辺小左衛門は、玄察は医師であり、以前松倉氏に仕えていたと証言している。

浪人として島原の乱に参加し、一揆勢において武者奉行[5]・徒士大将[6]・旗奉行[6]・二ノ丸出丸番頭[7]の肩書きを持つなど重要な地位にあったことがうかがえる。

最期は詳細不明だが、原城落城時に戦死したと思われる[6]

脚注編集

  1. ^ 『嶋原記』『天草合戦記』より。
  2. ^ 『山田右衛門作以言語記』『寛永平塞録』『天草騒動』等より。
  3. ^ 『山田右衛門作口書』より。
  4. ^ 『水野家島原記』より。
  5. ^ 『耶蘇天誅記』『山田右衛門作以言語記』『寛永平塞録』『嶋原記』『天草合戦記』等多数の史料より。
  6. ^ a b c 『天草騒動』より。
  7. ^ 『籠城刻々日記』、「立花・松浦絵図」より。

参考文献編集

  • 『原史料で綴る 天草島原の乱』(1994年、倉田倉造/著)
  • 『天草騒動』(1692年、田丸具房(常山)著)
  • 『Q&A 天草四郎と島原の乱』(2008年、鶴田倉造/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(1995年、倉田文史/著)