メインメニューを開く

原城(はらじょう・はるのじょう[注釈 3])は、長崎県南島原市南有馬町乙にあった日本の城である。国の史跡。別名、春城、志自岐原城、日暮城、有馬城。2018年6月30日に世界遺産登録が決まった長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成遺産である[1][2]

logo
原城
長崎県
城郭遺構
城郭遺構
別名 日暮城
城郭構造 梯郭式平山城(海城[注釈 1]
天守構造 なし
築城主 有馬貴純
築城年 1496年明応5年)
主な城主 有馬氏
廃城年 1616年元和2年)
遺構 石垣、空堀、虎口[注釈 2]
指定文化財 国の史跡
位置 北緯32度37分59.9秒
東経130度15分23.3秒
座標: 北緯32度37分59.9秒 東経130度15分23.3秒
地図
原城の位置(長崎県内)
原城
原城

沿革編集

島原半島の南部に位置し、明応5年(1496年)、日野江城の支城として有馬貴純によって築かれた。有明海に張り出した丘陵にあり、本の丸、二の丸、三の丸、天草丸、出丸などで構成されていた。

有馬氏日向国延岡城に転封となった後の、元和2年(1616年)に松倉重政が日野江城に入城するが、一国一城令の影響もあり不便な日野江城を放棄し島原城を築城した。この際に原城も廃城となり、石垣や構築物も転用されたとされる。

寛永14年(1637年)から寛永15年(1638年)にかけての島原の乱の後に、幕府は原城跡に残存する石塁などの破却を行っている。

1938年昭和13年)、原城跡は国の史跡に指定された。発掘調査の際には、惨殺された一揆軍の遺骨や鉛の弾丸、クルスの他、万人坑が出土している。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(188番)に選定された。

島原の乱編集

元和の一国一城令で廃城となった原城で、1637年寛永14年)に「島原の乱」が勃発したのである。島原藩主の松倉重政・勝家父子は島原城建設による出費などの財政逼迫により苛政を敷き、また、過酷なキリシタン弾圧を行ったことにより農民一揆を引き起こした。この一揆は島原半島のみならず天草にも飛び火し、島原城・富岡城が襲撃された。しかし、一揆の攻城はうまく行かず、やがて一揆の群衆は天草の一揆群衆と合流し約3万7千人が廃城となっていた原城に立て籠もった。 小西行長の家臣の子孫といわれる天草四郎を総大将とし、組織立った籠城戦を展開して幕府軍と戦闘を繰り広げた。

一揆軍は3ヶ月に及ぶ籠城には兵站の補給もなく、弾薬・兵糧が尽き果ててきた。対する幕府軍も1千人の戦死者を出しながらも新手を投入し、ついに1638年4月11日から12日(寛永15年2月27日から28日)にかけての総攻撃で一揆軍を全滅させた。幕府軍の記録によると、一揆軍の中で幕府軍に内通していた山田右衛門作だけが助命され、その他は老人や女子供に至るまで一人残らず皆殺しにされたという。この時の様子を、幕府軍の総大将であった松平信綱の子・松平輝綱武蔵川越藩の第2代藩主)は『島原天草日記』の中において「(前略)剰つさえ童女の輩に至りては、喜びて斬罪を蒙むりて死なんとす、是れ平生人心の致すところに非らず、彼宗門に浸々のゆえ也」などと記し、一揆軍は殉教を重んずるキリシタンの信仰ゆえに全員が喜んで死を受け入れたとする旨を語っている[注釈 4]

幕府軍は乱の終結後、原城が再び一揆の拠点として使用されることのないよう徹底的に破壊し、虐殺された一揆軍3万7千人の遺体は廃墟となった原城の敷地内にまとめて埋められた。その一方で、島原藩主の松倉勝家は苛政により乱を引き起こした責任から、大名としては前例のない罪人としての扱いである斬首に処せられたと伝えられる。

 
原城虎口遺構(長崎県南島原市)
 
原城瓦片(長崎県南島原市)

発掘調査編集

1990年平成2年)から発掘調査が開始され、破壊された城の残骸の中に大量の人骨が発見された。人骨と同時に当時の十字架やメダル、ロザリオ等も発見された。

2000年(平成12年)の調査では、国内最大級となる虎口遺構が確認された。虎口の空間は南北90メートル(以降m)、東西80mのほぼ正方形であった。発掘当初の予想を越える規模であり、全国的に見ても最大級の虎口となる。 また、城内の主通路には玉砂利が敷かれていることも確認された。

2004年(平成16年)からの調査では、当時のキリスト教関係施設に使用されていた花十字紋瓦の破片も発見されている。キリシタン大名が所有していた城郭からの初めての出土となった。

本丸西側からは立て籠もった一揆軍が使用したと推測される竪穴建物跡群が検出された[3]。一辺が約2~3mを測る方形の竪穴建物跡で、床面は焼けており、中からは多くの陶磁器や瓦、人骨などが出土した[4]。竪穴建物跡群は規格性があり、家族単位でしかも同一集落を基本に使用したと考えられている。さらに冬場の籠城であるにもかかわらず、竪穴建物では、個別に炉やカマドといった暖房や煮炊きにかかわる遺物や遺構の痕跡が見つかっていない。それらのことから、籠城中に失火で火災を起こさないようにした大名軍勢並みの軍規の存在を物語るといえる[5]

検出した石垣は、慶長年間前期の豊臣系城郭の影響を色濃く受けた石垣であった[4]。石材の大きさは長軸が80~120㎝前後になるデイサイトを主体的に用い、裏込め石には主に玄武岩の礫を使用している。石垣の傾斜角度も56~65度を測る緩やかな勾配を取っており、それぞれの石材の角度調整を行いながら高石垣の構築を志向する傾向が現れている。本丸石垣の隅角部の角石には割面石を用いており、「矢」痕跡を残す割面石が相当数混在している[4]

これらの調査結果から、当時の原城は廃城とはなっていたものの石垣や城門、櫓等の防御施設が存在しており、現在の姿となったのは、島原の乱後の破却によるものと指摘されている。

交通編集

島鉄バス 原城前バス停から徒歩15分

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 原城の海城としての性格は玖島城(長崎県大村市)に近いとされる(柴田2008、16頁)。
  2. ^ 虎口の種類としては、平入り枡形が存在する(松本2004、284頁)。
  3. ^ レオン・パジェス『日本キリシタン宗門史』の原書第1編本文(Léon Pagès. (1869). Histoire de la religion chrétienne au Japon depuis 1598 jusqu'à 1651, Premiere Partie Texte. Paris: Charles Douniol.)にはFarounojo (p.844)とある。これはフランス語式ローマ字であり、ポルトガル式ローマ字ではFarunojo、当時の日本語表記では「はるのじやう」または「原(ノ)城」、現代日本語表記は「はるのじょう」となる。
  4. ^ ただし、幕府軍は総攻撃を行う前に、キリシタンでなく強制的に一揆に参加させられた者は助命する旨を一揆軍に伝えており、これに応えて1万人以上が投降して生き延びたとする説もある(神田千里著『宗教で読む戦国時代』(講談社)より)。

出典編集

参考文献編集

  • 外山幹夫高島忠平『長崎・佐賀』新人物往来社〈日本城郭大系17〉、1986年。
  • 中村質「原城跡の概要」『原城跡』〈南有馬町文化財調査報告書第2集〉、1996年。
  • 松本慎二「原城跡の検出遺構について」『中世城郭研究』第18号、2004年、 282-287頁、 ISSN 0914-3203 ※第20回全国城郭研究者セミナー(2003年8月2日開催)における同タイトルの報告を活字化したもの。
  • 柴田龍司「海城の様相と変遷」『中世城郭研究』第22号、2008年、 4-30頁、 ISSN 0914-3203 ※第24回全国城郭研究者セミナー(2007年8月5日開催)における同タイトルの報告を活字化したもの。

外部リンク編集