メインメニューを開く
伯方塩業大三島工場

伯方の塩(はかたのしお)は、愛媛県松山市伯方塩業1973年(昭和48年)から製造・販売している

粗塩、焼塩の2種類がある。通常特に断りが無い場合は粗塩を指す[1]

姉妹品としてはフルール・ド・セル(塩の花)、ローストソルトがある。

目次

概要編集

1971年(昭和46年)4月に成立した「塩業近代化臨時措置法(塩専売法)」により、従来日本で行われていた流下式塩田製法が全廃され、イオン交換膜製塩への切り替えが起こり、製塩業は化学工業化された[2]

1806年(文化3年)から続いていた伯方島の塩田も1971年(昭和46年)12月に廃止となり[3]、松山市でこれに疑問を持った菅本フジ子西本友康らによって自然塩存続運動が起こる。菅本らが塩田製塩の存続を訴え、5万人の署名を集めて関係各省へ訴えた結果、1973年(昭和48年)、日本専売公社は「メキシコオーストラリアから輸入される天日海塩を用いること」などを条件として塩田製法を用いた塩の販売が認可され、「伯方の塩」が生まれた[4]

塩専売法は1997年(平成9年)に廃止され、日本においても海水からの塩の直接採取が認められるようになったが、伯方の塩にはメキシコのゲレロネグロ、オーストラリアのプライスのものが用いられている[4]

製法編集

伯方の塩は、太陽熱で蒸発結晶させたゲレロネグロあるいはプライスから輸入した海塩を日本の海水で再融解して作られている[5]。商品名である伯方島の工場のほか、大三島明浜町で製造が行われており、伯方塩業では商品名について、「『伯方の塩』は伯方で作られた塩という意味ではなく、伯方の塩田を復活させたいという当時の消費者運動の思想から生まれたもの」と説明している[6]

成分編集

100gあたりの主要成分を以下に記す[7]

名称 伯方の塩(粗塩) 伯方の塩(焼塩)
水分 2.8g 0.06g
ナトリウム 37.5g 38.6g
マグネシウム 110mg 70mg
カルシウム 90mg 80mg
カリウム 50mg 30mg
塩化ナトリウム 95.2g 98.0g

備考編集

本品を製造・販売する伯方塩業大三島工場と同じ今治市にあるしまなみ製菓が、100%伯方の塩を使った「伯方の塩飴」を製造している。

CM編集

1987年よりCMで使用されている「は・か・た・の・しお!」のサウンドロゴが親しまれている[8]

1996年から7年間ほどは、演歌歌手の高城靖雄がCMに出演し、サウンドロゴも高城の歌うものに差し替えられた。高城の持ち歌『男龍』(作詞・荒木とよひさ、作曲・岡千秋・1997年発売)にはこのフレーズが使用されている。高城は2013年に「笑っていいとも!」に出演し、この歌を披露している[9][10][11]

2019年5月、伯方塩業は、web広告限定でこのフレーズを歌う声優の募集をTwitterで開始した。担当者は取材に対し「Twitterのフォロワーを増やすために考えた企画」「(初代は)誰が歌っているのか、社内でもわかる人がいない」とコメントしている[12]。その後、伯方の塩公式Twitter宛てに、作曲家の浦田博信がサウンドロゴ作曲が浦田であること、歌っているのが音楽家の塩谷信廣であると名乗り出ている[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ しおり、p.3。
  2. ^ しおり、p.2。
  3. ^ 伯方の塩 - 瀬戸内海沿岸の近年の製塩
  4. ^ a b 伯方の塩 - 「伯方の塩」の想い
  5. ^ しおり、p.18。
  6. ^ しおり、p.16。
  7. ^ しおり、p.17。
  8. ^ 伯方の塩 二代目声優オーディション よくある質問について”. 2019年5月16日閲覧。 “1987年から現在TVCMで「伯方の塩」のフレーズを歌っているスタジオミュージシャンの方を初代と考えています。”
  9. ^ ディスコグラフィー、高城靖雄公式サイト。(2019年5月14日閲覧)
  10. ^ 【エンタがビタミン♪】CM『伯方の塩』の元歌は演歌だった。本人が『いいとも』で生歌披露。”. Techinsight、株式会社メディアプロダクツジャパン (2013年2月5日). 2019年5月14日閲覧。
  11. ^ 「は・か・た・の・しお!」CM出演歌手を発見 「人生、振り返ったら塩だらけ」”. デイリースポーツ (2019年5月18日). 2019年5月21日閲覧。
  12. ^ 「♪は・か・た・の・しお!!!」“二代目”の声優オーディション その意外な理由…”. デイリースポーツ (2019年5月13日). 2019年5月14日閲覧。
  13. ^ 浦田博信 [@jalan1124] (2019年5月15日). "作曲者です。" (ツイート). Retrieved 2019年5月21日 – via Twitter.

参考文献編集

関連項目編集