岡千秋(おか ちあき、1950年12月7日 - )は、岡山県和気郡日生町(現・備前市鴻島出身[1]作曲家演歌歌手

岡 千秋
出生名 松原 謙
生誕 日本の旗 日本
岡山県和気郡日生町(現・備前市鴻島[1]
(1950-12-07) 1950年12月7日(71歳)
ジャンル 演歌歌謡曲
活動期間 1970年 -

現・日本作曲家協会常務理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。

元・日本大衆音楽文化協会理事。

来歴編集

中学卒業後に歌手を目指して大阪へ出て、働きながら歌謡教室に通う[1]。17歳で上京し、三代目広沢虎造の鞄持ちになる[1]錦糸町キャバレーのボーイ兼歌手をしながら、牧野昭一のレッスンを受けるが、結果的に歌手は断念する[1]久仁京介の誘いにより、作曲家に転向[1]。アルバイトをしながら、夜はジャズバーでピアノ奏者として働き、フランク永井マーサ三宅と知り合う[2]

1970年日吉ミミ男と女のお話」のB面「むらさきの慕情」で作曲家デビュー[1]を果たすと、1983年には都はるみとのデュエット「浪花恋しぐれ」で、歌手として第25回日本レコード大賞特別金賞・日本有線放送大賞全日本有線放送大賞などを受賞[1][3]1984年には五木ひろし長良川艶歌」で第26回日本レコード大賞大賞、第15回日本歌謡大賞などを受賞[1][3]2000年には第42回日本レコード大賞吉田正賞を受賞。

マッシュルームカットと髭がトレードマーク[4][5]で、歌手としては独特の低いダミ声が特徴[6][5]

故郷の備前にある加子浦歴史文化館には、岡の資料を展示しているコーナーがある[7]

主な作品編集

五十音順

出演編集

テレビ編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 文芸館 岡千秋 - 備前市ホームページ”. www.city.bizen.okayama.jp. 2021年6月14日閲覧。
  2. ^ プロ作曲家への道 - 日本作曲家協会
  3. ^ a b コロナ感染の岡千秋が退院「すごくあか抜けた」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年6月14日閲覧。
  4. ^ 岡 千秋(おか ちあき) 様|暑さ対策・熱中症対策グッズ | 株式会社空調服” (日本語). 2021年6月14日閲覧。
  5. ^ a b ♬ 岡 千秋について ♬” (日本語). oka-chiaki ページ!. 2021年6月14日閲覧。
  6. ^ 人気作曲家の岡千秋がコロナ感染「しばらくは入院」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年6月14日閲覧。
  7. ^ 備前市加子浦歴史文化館 - 備前市ホームページ”. www.city.bizen.okayama.jp. 2021年6月14日閲覧。
  8. ^ 同曲は松原謙名義で作詞・作曲。
  9. ^ 同曲は松原謙の本名で作詞し、作曲は岡千秋名義。