伴忠行
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 延喜4年3月2日904年3月21日
官位 従五位下安芸守
主君 光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 大伴氏
父母 父:伴春雄または伴春宗
兄弟 春雄が父の場合 保平忠行、保在
春宗が父の場合 忠輔、忠行
右職
テンプレートを表示

伴 忠行(とも の ただゆき)は、平安時代前期の貴族播磨守伴春雄あるいは陸奥介伴春宗の子。官位従五位下安芸守

経歴編集

元慶8年(884年大丞在職中に正六位下から二階昇進して従五位下に叙爵散位を経て、仁和2年(886年刑部少輔に任ぜられる。

醍醐朝に入り、昌泰2年(899年)安芸守に任ぜられている。延喜4年(904年)3月2日平安京にて群盗に襲われ射殺された[1]。3月4日ににて盗賊の捜索が議され、7日に犯人は捕縛された[2]。延喜年間は、都にて放火や殺人が頻発していた時期であったという。

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 日本紀略』延喜4年3月2日条
  2. ^ 扶桑略記延喜4年3月2日・4日・7日条
  3. ^ a b c 「鶴岡社職系図」『続群書類従』巻第182
  4. ^ a b 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰

参考文献編集