伴義太郎

伴 義太郎(ばん よしたろう、1972年7月2日 - )は、福岡県大野城市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。1993年より三苫(みとま)に改姓。

伴 義太郎
基本情報
出身地 日本の旗 日本 福岡県 大野城市
生年月日 (1972-07-02) 1972年7月2日(45歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

福岡・筑陽学園高から1990年ドラフト6位で阪神入団。1992年デトロイト・タイガース傘下のマイナーリーグに野球留学した。1997年現役引退。

高校では同期・野口理夫(近鉄)や1年下の工藤慎明(翌年阪神入団)らに次ぐ4番手投手で中央球界では無名の隠し玉として当時話題に挙がる。入団時に抱負を聞かれた際の、自分の苗字と引っ掛けた「バンバン投げます!」とのコメントも話題となった。直球に見るものがあり長期育成狙いで入団。1993年にはウエスタン・リーグで規定投球回に到達(3勝4敗1S)し、更なる飛躍が期されるも、1994年右肩痛を発症。これが致命傷となり1軍登板することなく引退となった。

1993年8月8日に行われたウエスタン・リーグの対オリックス戦で30試合連続安打中であった鈴木一朗を3打数ノーヒットに抑え、連続安打をストップさせた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 69 (1991年 - 1997年)

登録名編集

  • 伴 義太郎 (ばん よしたろう、1991年 - 1992年)
  • 三苫 義太郎 (みとま よしたろう、1993年 - 1997年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集