2010年8月に位置情報SNSの利用人口を示したインフォグラフィック

位置情報SNS(いちじょうほうエスエヌエス、英:Geosocial networking service)は、ジオタグなどのジオコーディングを活用したソーシャル・ネットワーク・サービスである。[1][2]利用者が公開した位置情報から、興味対象である出会いの場やイベントへの参加などのつながりが生まれている。PC使用時の位置情報はIPアドレス公衆無線LANから割り出され、携帯端末使用時は端末追跡システムか利用者の入力により参照される。

用途編集

利用者の所在地の関連情報が利用できる。また、道路、建物、公園などの場所に拠るジオコーディングの場所や、勉強会、コンサートイベント、ナイトクラブ、飲食店のレビューなどのジオタグ情報を利用したWebマッピング技術でも同様の機能が果たせる。 イェルプFacebookFoursquareなどは、場所や会場などの共有サービスとして人気が高い。

被災地においては、災害援助にジオタグを用いた協調フィルタリング集団的知性を活用した状況判断が役立つ。また、各種情報を地理的に位置づけることで伝染病発生源や隔離などの状況にも対応できる。[3][4]

これらの技術はイベントの企画調整に重要な役割を果たしており、政治的な活用法も想定されている。例えば、市民は抗議活動を治安当局の介入前に展開する際に、携帯電話Twitterを使用し即座に行動に移せる。

個人情報保護方針編集

2009年初めに、Twitterアカウント不正アクセスが1月に45件と4月に10件発生した。1月の事例では、9アカウントから悪戯目的の投稿がなされ、いずれもメールアドレスや携帯電話番号などの非公開情報を閲覧された可能性がある。侵入発覚後数時間以内に、運営元がセキュリティホールを閉鎖し侵入されたアカウント所有者に通知した。4月の事例では、個人情報の不正アクセスがなされ少なくとも1アカウントのパスワードがリセットされた。その際は発覚後数分以内に対象アカウントを削除し、対象ユーザーに通知した。連邦取引委員会(以下、FTC)はTwitter社のセキュリティ対策の調査を開始し、Twitter社がFTCの各種対策の提案を受け入れ合意に至った。[5]

脚注編集

  1. ^ Needleman, Rafe; Claire Cane Miller; Adrianne Jeffries (2010年9月3日). “Reporters' Roundtable: Checking in with Facebook and Foursquare”. CNET. http://www.cnet.com/8301-30976_1-20015615-10348864.html 2010年10月8日閲覧。 
  2. ^ "Recommending Social Events from Mobile Phone Location Data", Daniele Quercia, et al., ICDM 2010
  3. ^ Lampos V, Cristianini N (2010). “Tracking the flu pandemic by monitoring the Social Web”. Cognitive Information Processing (CIP). pp. 411–416. http://ieeexplore.ieee.org/xpls/abs_all.jsp?arnumber=5604088 
  4. ^ Lampos V, Cristianini N (2011). “Nowcasting Events from the Social Web with Statistical Learning”. ACM Transactions on Intelligent Systems and Technology. http://eprints.pascal-network.org/archive/00008332/01/Nowcasting_Events_from_the_Social_Web_with_Statistical_Learning_Preprint.pdf. 
  5. ^ Twitter Blog: FTC Announcement. Blog.twitter.com (2010-06-24). Retrieved on 2012-01-09.

関連項目編集