佐々木 千里(ささき せんり、1891年6月28日 - 1961年5月15日)は、日本の劇団主宰者、劇場主、元チェロ奏者である。「ムーランルージュ新宿座」(1931年 - 1951年)の創設者として知られる。本名は勝間田 兵吉(かつまた へいきち)、チェロ奏者時代の名は戸山 千里(とやま せんり)、筆名は緒方 勝(おがた かつ)である。

ささき せんり
佐々木 千里
本名 勝間田 兵吉
別名義 外山 千里
緒方 勝
生年月日 (1891-06-28) 1891年6月28日
没年月日 (1961-05-15) 1961年5月15日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本 静岡県
職業 劇団主宰者、劇場主、チェロ奏者
ジャンル 軽演劇
活動期間 1920年前後 - 1961年
活動内容 ムーランルージュ新宿座 主宰
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1891年(明治24年)6月28日静岡県に勝間田兵吉として生まれる[1]。上京し、軍楽隊養成所だった陸軍戸山学校を卒業した[1]

1917年(大正6年) - 1923年(大正12年)に華やかだった浅草公園六区の「浅草オペラ」時代に、「戸山千里」の名で浅草でチェロ奏者をしていた。その後、マネジメント・サイドに転身し、「エノケン」こと榎本健一の「プペ・ダンサント」で知られる浅草の「玉木座」の支配人となった[1]

1931年(昭和6年)12月31日、40歳のとき、東京市淀橋区角筈(現在の東京都新宿区新宿3丁目36-16)に劇団および劇場「ムーランルージュ新宿座」を設立[1]、「レビュー喜劇」(軽演劇)を上演した[1]小沢不二夫阿木翁助らの作家、有島一郎由利徹らの喜劇人を育成した[1]。ムーランルージュは、松竹林瑞祥(のちのジョイパック、現在のヒューマックスグループ会長)が経営したが、佐々木が還暦を迎えるころ、1951年(昭和26年)5月に閉館した[2]

1961年(昭和36年)5月15日に死去した[1]。満69歳没。

編集

  1. ^ a b c d e f g コトバンクサイト内の記事「佐々木千里」の記述を参照。
  2. ^ 新宿大通商店街振興組合公式サイト内のコラム「ムーラン・ルージュ新宿座」の記述を参照。

関連項目編集