メインメニューを開く

佐々木 明(ささき あきら)は日本の造形家、彫刻家。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒。代表作はウルトラマンウルトラセブンなど。入間市在住。

略歴編集

武蔵美術大学卒業。特殊美術家の成田亨の後輩にあたる。1964年9月より、円谷特技プロダクションの特撮テレビ映画『「ウルトラQ」』の美術スタッフとして、制作第1話から参加。主にミニチュアセットを担当した。

続く円谷特技プロ作品『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』(ともにTBS)では主役ヒーローであるウルトラマン、ウルトラセブンのマスク(仮面)を制作し、このマスクはのちの「ウルトラシリーズ」に登場する歴代「ウルトラマン」の基本となる造形となった。また、『ウルトラマン』に登場する名敵役宇宙人「バルタン星人」の二代目は佐々木の造形である。佐々木は1982年ごろにもTV特番用のバルタン星人を製作したが未使用に終わった。

おもな作品編集

ウルトラQ』(1966年、円谷特技プロ、TBS)

  • マンモスフラワー
  • ラルゲユウスの足(実物大)
  • ゴーガの像
3尺サイズの小型ミニチュアを制作。ゴーガ本体は高山良策が造形。

ウルトラマン』(1966年、円谷特技プロ、TBS)

  • ウルトラマン
成田亨の口頭指示のもと、全身像の1尺模型を制作。これを基に日本初の巨大宇宙人ヒーローのマスク(A・B・Cの三種)を造形。
Cタイプの型は繰り返し複製され、現在でもスタンダードなウルトラマンのマスクとして継承されていて、『ウルトラマン』最終話に登場した「ゾフィー」や、『帰ってきたウルトラマン』(1971年、TBS)の主人公ヒーローである「ウルトラマン」のマスクにも、Cタイプと同じ型から複製されたマスクが使用された。
  • マグラー
ネロンガにウレタン製の棘を張り付けた
  • ガボラ
マグラーの刺をとって襟巻を着けた。
  • ジラース
襟巻の部分を、東宝から貸与されたゴジラの着ぐるみに装着
  • にせウルトラマン
ウルトラマンの衣装を改造。
  • バルタン星人二代目
新規造形。
  • ゾフィー
ウルトラマンの衣装を改造。

ウルトラセブン』(1967年、円谷特技プロ、TBS)

  • ウルトラセブン
FRP製のマスクと、肩のプロテクター部分の造形を行なった。胴体スーツの仕上げそのものは他の美術スタッフが担当している。当初、セブンのマスクはアイスラッガーとマスク本体が一体化していたが、番組スタッフの要望により急遽取り外せるよう改造された。この作業には大変苦労したと佐々木は語っている。

仮面ライダー』(1971年、東映毎日放送

  • サイクロン号
主人公ヒーロー「仮面ライダー」の乗用するフルカウリングバイク[1]

DVD編集

  • ジェネオン『昭和41年ウルトラマン誕生』
  • ジェネオン『昭和42年ウルトラセブン誕生』
  • ジェネオン『プロジェクト ウルトラセブン』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 堤哲哉&BAD TASTE編「第1章 旧1号編PART1 恐怖のショッカー!〜闘いの始まり 仮面ライダーアーカイブス(2)第1話の撮影日程についての考察」『仮面ライダー=本郷猛』扶桑社、2008年6月20日、ISBN 978-4-594-05661-2、67頁。

参考文献編集

  • 「大ウルトラマン図鑑」(ホビージャパン刊)

関連項目編集

外部リンク編集