メインメニューを開く

武蔵野美術大学(むさしのびじゅつだいがく、英語: Musashino Art University)は、東京都小平市小川町1-736に本部を置く日本私立大学である。1962年に設置された。大学の略称武蔵美(むさび)、MAU。

武蔵野美術大学
MusashinoArtUniversity.jpg
大学設置 1962年
創立 1929年
学校種別 私立
設置者 学校法人武蔵野美術大学
本部所在地 東京都小平市小川町1-736
北緯35度43分33秒 東経139度26分58秒 / 北緯35.72583度 東経139.44944度 / 35.72583; 139.44944座標: 北緯35度43分33秒 東経139度26分58秒 / 北緯35.72583度 東経139.44944度 / 35.72583; 139.44944
キャンパス 小平(東京都小平市)
市ヶ谷(東京都新宿区
学部 造形学部
造形構想学部
研究科 造形研究科
造形構想研究科
ウェブサイト 武蔵野美術大学公式サイト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1929年(昭和4年) - 東京都武蔵野市吉祥寺帝国美術学校が創立される
  • 1935年(昭和10年) - 同盟休校事件が発生し、帝国美術学校より多摩帝国美術学校(現多摩美術大学の前身)が分離独立
  • 1947年(昭和22年) - 造型美術学園と改称
  • 1948年(昭和23年) - 武蔵野美術学校と改称
  • 1957年(昭和32年) - 学校法人武蔵野美術学校認可。武蔵野美術短期大学を設置
  • 1962年(昭和37年) - 学校法人武蔵野美術学校を学校法人武蔵野美術大学に改称。武蔵野美術大学設立
  • 1969年(昭和44年) - 現在の鷹の台キャンパスに大学、短期大学を全学統合(移転)。武蔵野市の校地(吉祥寺校)に武蔵野美術学園を開設
  • 1973年(昭和48年) - 大学院造形研究科(修士課程)を開設
  • 1977年(昭和52年) - 武蔵野美術大学美術資料図書館が竣工(設計:芦原建築設計研究所・保坂陽一郎建築研究所[1]
  • 1988年(昭和63年) - 武蔵野美術短期大学を武蔵野美術大学短期大学部に校名変更
  • 1999年(平成11年) - 短期大学部の学生募集停止。造形学部に芸術文化学科、デザイン情報学科を開設
  • 2001年(平成13年) - TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)として、多摩地区の4大学(国立音楽大学国際基督教大学東京経済大学津田塾大学)と単位互換制度を実施。また早稲田大学とも単位互換制度を締結
  • 2002年(平成14年) - 造形学部通信教育課程を開設
  • 2003年(平成15年) - 短期大学部を廃止
  • 2004年(平成16年) - 大学院造形研究科に造形芸術専攻(博士後期課程)を開設。新宿サテライト(新宿教室)(東京都新宿区)を開設
  • 2006年(平成18年) - 油絵学科を専攻分離(油絵専攻、版画専攻)。映像学科3年次以降に映像コース写真コースを開設。大学院デザイン専攻に写真コースを開設
  • 2008年(平成20年) - 本年度の入学試験から全学科で大学入試センター試験を導入
  • 2010年(平成22年) - 美術館・図書館が竣工(設計:藤本壮介建築設計事務所)
  • 2012年(平成24年) - 東京ミッドタウン・デザインハブに武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジを開設
  • 2017年(平成29年) - 3月をもって新宿サテライト(新宿教室)を閉鎖。4月に三鷹ルーム(通信教育課程三鷹教室)を開室
  • 2018年(平成30年) - 武蔵野美術学園閉校(平成29年度末、3月31日)。通信教育課程の工芸工業デザイン学科を募集停止
  • 2019年(平成31年) - 市ヶ谷キャンパス(東京都新宿区)を開設。市ヶ谷キャンパスに造形構想学部、大学院造形構想研究科を開設

教育および研究編集

学部

  • 造形学部
    • 日本画学科
    • 油絵学科
      • 油絵専攻
      • 版画専攻
    • 彫刻学科
    • 視覚伝達デザイン学科
    • 工芸工業デザイン学科
    • 空間演出デザイン学科
    • 建築学科
    • 基礎デザイン学科
    • 映像学科(造形構想学部に改組)
    • 芸術文化学科
    • デザイン情報学科
  • 造形構想学部
    • クリエイティブイノベーション学科
    • 映像学科
  • 造形学部 通信教育課程
    • 油絵学科
      • 絵画コース
      • 日本画コース
      • 版画コース
    • 工芸工業デザイン学科
      • 生活環境デザインコース
      • スペースデザインコース
    • 芸術文化学科
      • 造形研究コース
      • 文化支援コース
    • デザイン情報学科
      • コミュニケーションデザインコース
      • デザインシステムコース

大学院

  • 造形研究科
    • 美術専攻(修士課程)
      • 日本画コース
      • 油絵コース
      • 版画コース
      • 彫刻コース
      • 造形学コース
      • 造形理論・美術史コース
      • 芸術文化政策コース
    • デザイン専攻(修士課程)
      • 視覚伝達デザインコース
      • 工芸工業デザインコース
      • 空間演出デザインコース
      • 建築コース
      • 基礎デザイン学コース
      • 映像コース
      • 写真コース
      • デザイン情報学コース
    • 造形芸術専攻(博士後期課程)
      • 作品制作研究領域
      • 環境形成研究領域
      • 美術理論研究領域
  • 造形構想研究科
    • 造形構想専攻(修士課程)
      • クリエイティブリーダーシップコース
      • 映像・写真コース

施設編集

  • 鷹の台キャンパス (東京都小平市小川町1-736)
    造形学部1-4年、大学院造形研究科
    西武国分寺線 鷹の台駅徒歩18分
    西武バス:JR国分寺駅北口徒歩3分の「国分寺駅北入口」からバスで約20分、「武蔵野美術大学正門」下車すぐ
    立川バス:JR立川駅北口(5番乗り場)からバスで約25分、「武蔵野美術大学」下車すぐ
  • 市ヶ谷キャンパス(東京都新宿区市谷田町1-4)
    造形構想学部1-4年、大学院造形構想研究科
    JR中央線 市ヶ谷駅徒歩3分
    総武線 市ヶ谷駅徒歩3分
    東京メトロ有楽町線 市ヶ谷駅徒歩3分
    東京メトロ南北線 市ヶ谷駅徒歩3分
    都営新宿線 市ヶ谷駅徒歩3分
    ・なお、市ヶ谷キャンパスはソニーミュージックのSME市ヶ谷ビルを取得、改修したものである。
  • 吉祥寺校 (東京都武蔵野市吉祥寺東町3-3-7)
    通信教育チーム(造形学部通信教育課程)
    吉祥寺駅徒歩約15分
  • 三鷹ルーム
    通信教育課程三鷹教室
    JR中央線 三鷹駅、徒歩4分
    JR総武線 三鷹駅、徒歩4分
  • 新宿サテライト (東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル9階)(閉室)
    通信教育課程
    新宿駅下車 徒歩約5分
  • 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ (東京都港区赤坂9-7−1 ミッドタウンタワー5階)
    2012年春より、美術大学として初めて、東京ミッドタウン・デザインハブ内に、デザインを基軸とした情報発信拠点『武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ』を開設(面積:151.54m2)。
    「ラウンジ」とは、本来は社交室・休憩室や待合室を指す言葉だが、「武蔵野美術大学が社会と社交する場・談話する場」という「集う」イメージと、「デザインハブから社会へ出発(発信)する場」という「起点」のイメージをコンセプトにしている。英語名称は MAU Design Lounge。
    六本木駅直結、乃木坂駅徒歩3分、六本木一丁目駅徒歩10分

上記のものの他に、富山県南砺市奈良県奈良市、フランスなどに、ギャラリーやアトリエ等がある

大学関係者と組織編集

1964年8月に竣工したコンクリート打ちっぱなしの鷹の台キャンパス・アトリエ棟(現4号館)などは、本校建築学科の創設にも関わった芦原義信の建築設計研究所に、当時在籍していた保坂陽一郎らによる設計である[2][3]

大学関係者一覧編集

歴代学長編集


対外関係編集

日本国内の大学との交流[4]編集

美術系大学連絡協議会編集

  • 女子美術大学
  • 多摩美術大学
  • 東京芸術大学美術学部・大学院映像研究科
  • 東京造形大学
  • 日本大学藝術学部

早稲田大学編集

多摩アカデミックコンソーシアム編集

  • 国際基督教大学
  • 国立音楽大学
  • 東京経済大学
  • 東京外国語大学
  • 津田塾大学

小平市大学連携協議会(こだいらブルーベリーリーグ)編集

  • 嘉悦大学
  • 職業能力開発総合大学校
  • 白梅学園大学・白梅学園短期大学
  • 津田塾大学
  • 一橋大学
  • 文化学園大学

東京工業大学編集

電気通信大学編集

朝鮮大学校との交流編集

  • 朝鮮大学校と敷地が隣接しており、2015年11月には武蔵美のFALと朝鮮大学校美術棟1階展示室を繋ぐ期間限定インスタレーション「武蔵美×朝鮮大 突然、目の前がひらけて」展を実施した[5]

国際交流協定校編集

2018年4月1日現在、21カ国・地域の36大学・機関と大学間交流協定を締結している[6]

アジア編集

  •   韓国
    • 弘益大学校
    • 東西大学校
  •   中国
    • 中国美術学院
    • 上海戯劇学院
    • 上海視覚芸術学院
    • 中央美術学院
    • 清華大学美術学院
    • 広州美術学院
  •   香港
    • 香港理工大学設計学院
  •   台湾
    • 国立台湾芸術大学
    • 実践大学
    • 台湾国家教育研究院

アメリカ編集

  •   アメリカ合衆国
    • シカゴ美術館附属美術大学
    • プラット・インスティテュート
    • ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン
  •   チリ
    • チリ・カトリック大学DUOC財団設立専門機関

オセアニア編集

ヨーロッパ編集

  •   スウェーデン
    • スウェーデン国立芸術大学
    • コンストファク/スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学

芸術祭編集

 
2005年芸術祭の様子

芸術祭は毎年晩秋に開催される作品発表を主とした学園祭。会場の装飾や運営力に特色があるとされ、ファッションショーからサンバパレード、競技ダンスプロレス、男神輿、女神輿、模擬店ストリートダンス等、ワークショップなど多彩な学生によるイベントがある。制作物は構内の各アトリエ(工房)やホールに展示され、それを入場者が自由に鑑賞できる形式になっている。飲酒等の管理も美大らしい趣向を凝らし行われている。毎回3万人以上の来場者数を誇り、美術系大学では最大規模とされる。

学校と関連がある作品編集

脚注編集

外部リンク編集