佐久間 信編(さくま のぶつら)は、江戸時代中期の旗本

 
佐久間信編
時代 江戸時代中期
生誕 慶安3年(1650年
死没 宝永4年11月27日1707年12月20日
別名 通称:平左衛門
戒名 日理
墓所 谷中一乗寺
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川綱吉徳松
氏族 佐久間氏
父母 父:佐久間信則、母:小倉蔵人(蒲生飛騨守家臣)娘
兄弟 信編、男子、信貞
加藤甚右衛門の娘
信登信厚信忠
テンプレートを表示

神田の館において将軍任官前の徳川綱吉に仕え、小姓組を勤めた。延宝8年(1680年)、綱吉の子・徳松の西の丸入りに父と共に従う。徳松逝去後は小普請を勤めた。

元禄2年(1689年)閏正月14日桐間番に列したが、2月13日には小普請に戻された。元禄3年(1690年)2月16日、大番となった。元禄10年(1697年)7月11日、家督(蔵米300俵)を継いだ。元禄15年(1702年)11月4日、大番を辞す。

宝永4年(1707年)11月27日、死去。享年58。