メインメニューを開く
 
佐伯子房
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上備後権守
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 佐伯氏
父母 父:佐伯良成
恒岑、為岑、清和天皇更衣
テンプレートを表示

佐伯 子房(さえき の こふさ)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。佐伯良成の子とする系図がある。官位従五位上備後権守

経歴編集

仁寿3年(853年従五位下叙爵

清和朝に入ると、貞観元年(859年武蔵権介、貞観3年(861年)武蔵介と地方官を務める。貞観9年(867年右京権亮に任ぜられて、京官に遷る。その後、清和朝末に信濃権介として地方官に転じている。

貞観19年(877年陽成天皇の即位後まもなく従五位上に昇叙され、のちに図書頭を務める。光孝朝の仁和2年(886年)備後権守に任ぜられている。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 鈴木真年『諸系譜』第8冊,佐伯宿禰
  2. ^ 『日本三代実録』貞観18年3月13日条

参考文献編集