佐伯真守
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦10年11月3日791年12月2日
官位 従四位上大蔵卿
主君 称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 佐伯宿禰
父母 父:佐伯人足
兄弟 真守今毛人三野、井足
テンプレートを表示

佐伯 真守(さえき の まもり)は、奈良時代貴族宿禰右衛士督佐伯人足の子。官位従四位上大蔵卿

経歴編集

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱後間もなく、従五位下叙爵天平神護3年(767年)従五位上・常陸介に叙任される。

光仁朝に入り、宝亀3年(772年正五位下兵部少輔次いで兵部大輔に叙任され京官に復すが、宝亀10年(779年河内守として再び地方官を務める。

天応元年(781年)正五位上、延暦2年(783年)には従四位下桓武朝初頭に続けて昇叙される。造東寺次官を経て、延暦8年(789年)従四位上に至る。延暦10年(791年大蔵卿に任ぜられるが、同年11月3日に卒去。最終官位は大蔵卿従四位上。

官歴編集

続日本紀』による。

参考文献編集