宿禰

古代日本における称号

宿(スクネ、足尼、足禰、少名、宿儺)は、古代日本における称号の一つ。大和朝廷初期(3世紀 - 5世紀ごろ)では武人や行政官を表す称号として用いられていた[1]。主に物部氏、秦氏、蘇我氏などの先祖に宿禰の称号が与えられた。著名な人物で宿禰が冠されている人物としては武内宿禰。また、8世紀に八色の姓カバネの第3位になった。大伴氏佐伯氏など主に(むらじ)姓を持った神別氏族に与えられた。もっとも古い用例は埼玉県行田市稲荷山古墳出土の鉄剣銘に〈多加利足尼〉とみえる。宿禰(足尼)は少兄(スクナエ)の約で、高句麗の官名の小兄に由来するという説がある[2]

用法編集

スクネには古く足尼や足禰の漢字を用いた。古い伝承を伝える国造本記には20を超える国の首長としてスクネを称号あるいは官名とする人名あるいは氏族名が見られる。甲斐国造塩海足尼穂国造に菟上足尼 、淡道国造に矢口足尼などである。5世紀以前には主として畿内地方の豪族が用いていたが、姓となったのは天武13年(684年)である。

関連項目編集

脚注・注釈編集

[脚注の使い方]

脚注編集

  1. ^ 金井清一「スクナヒ コナの名義と本質」1971
  2. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 精選版 日本国語大辞典,日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,旺文社日本史事典 三訂版,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典. “宿禰とは” (日本語). コトバンク. 2021年12月24日閲覧。

注釈編集