佐藤 章(さとう あきら、1959年 - )は、日本実業家湖池屋代表取締役社長。東京都出身。

来歴編集

1982年に早稲田大学法学部を卒業後、キリンビールに入社。1997年にキリンビバレッジ商品企画部に出向。2008年にキリンビールに戻り、九州統括本部長などを経て、2014年にキリンビバレッジ社長に就任。2016年にフレンテ(現、湖池屋)執行役員兼日清食品ホールディングス執行役員に転じ、同年9月より現職[1]

人物編集

1999年に発売された缶コーヒー「FIRE」を始めとして、「生茶」「聞茶」「アミノサプリ」など、年間1000万ケースを超える大ヒット商品の開発を多数主導した。これまで一番達成感を得た仕事として、湖池屋のブランディングと、それを具現化した「KOIKEYA PRIDE POTATO」の開発を挙げている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日経x trend”. 2020年3月17日閲覧。