日清食品ホールディングス

日清食品グループを統括する持株会社

日清食品ホールディングス株式会社(にっしんしょくひんホールディングス、: Nissin Foods Holdings Co., Ltd.)は、東京都新宿区大阪府大阪市淀川区に本社を置く企業。即席麺を生産する日清食品を中心とする食品グループの持株会社である。

日清食品ホールディングス株式会社
Nissin Foods Holdings Co., Ltd.
Nissin FH Logo.svg
東京本社がある日清食品東京本社ビル大阪本社がある日清食品大阪本社ビル
東京本社(上)、大阪本社(下)
種類 株式会社
機関設計 監査役設置会社
市場情報
略称 日清食品HD、日清食HD、日清HD、nissin
本社所在地 日本の旗 日本
東京本社 160-8524
東京都新宿区新宿六丁目28番1号
大阪本社 532-8524
大阪府大阪市淀川区西中島四丁目1番1号
本店所在地 532-8524
大阪府大阪市淀川区西中島四丁目1番1号
設立 1948年9月4日
業種 食料品
法人番号 7120001057574 ウィキデータを編集
事業内容 日清食品グループ全体の経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査、その他経営管理など
代表者 代表取締役社長・CEO 安藤宏基
代表取締役副社長・COO 安藤徳隆
資本金 251億2200万円
(2020年3月31日時点)
売上高 連結:4688億7900万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:412億5200万円
(2020年3月期)
経常利益 連結:426億5000万円
(2020年3月期)
純利益 連結:293億1600万円
(2020年3月期)
総資産 連結:5766億2100万円
(2020年3月期)
従業員数 連結:12,821名
(2020年3月31日時点)
決算期 毎年3月31日
主要株主 安藤スポーツ・食文化振興財団 7.59%
三菱商事 7.49%
伊藤忠商事 5.18%
安藤インターナショナル 3.79%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 3.65%
(2018年9月30日時点[1]
主要子会社 日清食品株式会社
明星食品株式会社
関係する人物 安藤百福(創業者)
外部リンク https://www.nissin.com/
テンプレートを表示

概要編集

即席麺を中心としたインスタント食品冷凍食品菓子シリアル食品乳酸菌飲料を製造・販売している。日清食品グループの理念は「EARTH FOOD CREATOR」(「食」の可能性を追求し、社会や地球に貢献する)、また同グループのビジョンは「UNITE FOOD POWERS」(「食」の持つ力を結集する)となっている。グループ全体におけるスローガンとして「もっと「食」を動かそう。」も制定されている。子会社として日清食品明星食品日清シスコ湖池屋がある。主要取引先は三菱商事伊藤忠商事

カップ麺市場を拡大するため海外に進出している。インドインドネシアタイオランダアメリカブラジルに現地工場。また、味の素と提携しており、インドネシアやタイに合弁会社を設立している。ミャンマーでは現地企業と合弁で進出した[2]

社名は、「らかに豊かな味をつくる」という創業者・安藤百福の言葉を由来とし、日本中国清朝にかかわることを意味する単語[注 1]との関係は無い[3]。また「日清」を冠する社名を持つ日清製粉日清オイリオ日清製菓日清医療食品日清紡績とは無関係である。

沿革編集

グループ企業編集

 
日清食品関東工場(茨城県取手市)

常温食品事業編集

低温食品事業編集

菓子事業編集

飲料事業編集

機能子会社、その他事業子会社編集

関連会社各社については日清食品グループについてを参照。

過去のグループ企業編集

研究所編集

日清食品グループの技術・開発・研究拠点として、2014年(平成26年)3月、「グローバルイノベーション研究センター」と「グローバル食品安全研究所」の2拠点からなる「日清食品グループ the WAVE」が東京都八王子市戸吹町に完成した。「最も進んだフードテクノロジーの波を起こし、その力強い波動を絶え間なく世界中に発信していく」事をミッションに、創業者精神のもと、技術開発と食の安全の研究を進めている[7]。設計は古谷誠章早稲田大学教授)が担当し、竹中工務店が工事を請け負った。the WAVEは2014年度グッドデザイン賞を受賞している[8]

スポーツ協賛事業編集

日清食品グループ陸上競技部編集

日清食品グループ陸上競技部
正式名称 日清食品グループ陸上競技部
愛称 日清
競技種目 陸上競技
創設 1995年
本拠地 東京都中野区
ウェブサイト 公式サイト

日清食品グループ陸上競技部(東京本社付のためチーム所在地は東京都新宿区)は、1995年(平成7年)2月1日、日清食品(当時)の陸上競技部として創設。諏訪利成アテネオリンピック男子マラソン6位入賞)、実井謙二郎アトランタオリンピック男子マラソン日本代表)をはじめ、徳本一善ジュリアス・ギタヒ大島健太ら中長距離の有力ランナーを揃え、創設以来全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)の常連チームとなっていた(2019年(平成31年)まで24年連続24回、東日本地区代表として出場した)。

2010年(平成22年)の第54回全日本実業団対抗駅伝大会において4時間50分7秒のタイムを記録し、出場15回目にして悲願の初優勝を果たした(1区:座間紅祢→2区:ガトゥニ・ゲディオン→3区:佐藤悠基(区間賞)→4区:北村聡→5区:保科光作→6区:徳本一善→7区:小野裕幸(区間賞))。2012年(平成24年)の第56回大会でも、2年ぶり2回目の優勝を果たした(1区:若松儀裕(区間賞)→2区:ガトゥニ・ゲディオン→3区:保科光作→4区:佐藤悠基(区間賞・区間新)→5区:高瀬無量(区間賞)→6区:座間紅祢→7区:安西秀幸)。

2019年1月11日、成績が低迷していた駅伝からの撤退を発表し、2020年東京オリンピックマラソン日本代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ出場権を獲得した佐藤悠基と村澤明伸を除いた所属する12人の選手に退部を勧告、入社予定だった大学生2人の内定を取り消した[9][10]

チームスタッフ編集

コーチ

所属している選手編集

過去に所属していた選手編集

など

全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)成績編集

 走者 は区間賞。

総合順位 1区走者 2区走者 3区走者 4区走者 5区走者 6区走者 7区走者
1996年 14位 荒井崇 岡部直三 アロイス・ニジガマ 大庭幸治 阿久津健 実井謙二郎 斉藤篤孝
1997年 12位 アロイス・ニジガマ 斉藤篤孝 荒井崇 森田桂 阿久津健 実井謙二郎 小山強志
1998年 6位 実井謙二郎 卯月達也 荒井崇 野呂康一 斉藤篤孝 ジュリアス・ギタヒ 池谷真輝
1999年 9位 中村祐二 関厚志 ジュリアス・ギタヒ 池谷真輝 国分隆宣 実井謙二郎 荒井崇
2000年 14位 北田初男 卯月達也 諏訪利成 国分隆宣 野呂康一 荒井崇 池谷真輝
2001年 4位 北田初男 実井謙二郎 ジュリアス・ギタヒ 諏訪利成 奈良修 池谷真輝 大西雄三
2002年 3位 ジュリアス・ギタヒ 実井謙二郎 諏訪利成 小川博之 奈良修 北田初男 板山学
2003年 2位 板山学 諏訪利成 ジュリアス・ギタヒ 北田初男 小川博之 徳本一善 大西雄三
2004年 3位 北田初男 諏訪利成 ジュリアス・ギタヒ 池谷寛之 徳本一喜 奈良修 板山学
2005年 3位 板山学 諏訪利成 ジュリアス・ギタヒ 松村拓希 奈良修 藤井周一 大西雄三
2006年 10位 藤井周一 諏訪利成 板山学 徳本一喜 実井謙二郎 ジュリアス・ギタヒ 大西雄三
2007年 3位 松村拓希 徳本一喜 ガトゥニ・ゲディオン 丸山敬三 大島健太 板山学 大西雄三
2008年 6位 板山学 徳本一喜 ガトゥニ・ゲディオン 佐藤慎悟 保科光作 大西雄三 諏訪利成
2009年 準優勝 北村聡 ガトゥニ・ゲディオン 徳本一喜 保科光作 座間紅祢 藤井周一 大西雄三
2010年 優勝 座間紅祢 ガトゥニ・ゲディオン 佐藤悠基 北村聡 保科光作 徳本一善 小野裕幸
2011年 3位 北村聡 ガトゥニ・ゲディオン 保科光作 佐藤悠基 治郎丸健一 板山学 小野裕幸
2012年 優勝 若松儀裕 ガトゥニ・ゲディオン 保科光作 佐藤悠基 高瀬無量 座間紅祢 安西秀幸
2013年 9位 北村聡 バルソトン・レオナルド 小野裕幸 高瀬無量 保科光作 佐藤悠基 安西秀幸
2014年 3位 若松儀裕 バルソトン・レオナルド 村澤明伸 佐藤悠基 高瀬無量 北村聡 小野裕幸
2015年 3位 大迫傑 バルソトン・レオナルド 佐藤悠基 村澤明伸 小野裕幸 佐々木寛文 若松儀裕
2016年 6位 若松儀裕 バルソトン・レオナルド 佐藤悠基 村澤明伸 矢野圭吾 高瀬無量 小野裕幸
2017年 8位 戸田雅稀 バルソトン・レオナルド 小野裕幸 村澤明伸 矢野圭吾 武藤健太 高瀬無量
2018年 15位 小野裕幸 バルソトン・レオナルド 武藤健太 村澤明伸 佐々木寛文 矢野圭吾 佐藤悠基
2019年 16位 我那覇和真 バルソトン・レオナルド 村澤明伸 佐藤悠基 高瀬無量 武藤健太 三浦洋希

その他スポーツ選手との所属・スポンサード契約編集

個人編集

団体編集

いずれもスポンサー契約。

過去

スポーツイベント協賛編集

百福士(ひゃくふくし)プロジェクト編集

日清食品グループ創立50周年を迎えた2008年(平成20年)(本社設立の年でもある)、次の50年に向けて立ち上げた社会・環境活動プロジェクトが「百福士ひゃくふくしプロジェクト[2]。これは、創業者・安藤百福が社会活動に熱心だったこともあり、それにちなんだものであり、百福の遺志を次いで今後50年間に合計100の社会貢献活動を行っていくものである。百福士プロジェクトのテーマは「創造」「食」「地球」「健康」「子供たち」の5つが軸となっている。

ちなみに百福士ひゃくふくしとは、江戸時代から外交使節団の代表を「正使」、その下で働く人を「副使」と呼んだ故事に習って、安藤百福の志を次ぐ日清食品グループ社員を指す[12]

主な活動内容編集

  • アフリカ事業化自立支援・Oishiiプロジェクト
  • 自然体験活動指導者養成事業・“あやしいオヤジを、正しいオヤジに変える!”プロジェクト
  • チキンラーメン・カン(防災・備蓄用長期保存缶)プロジェクト
  • お湯と生きるプロジェクト「インスタントラーメンのお湯でもSTOP温暖化
  • 社員大ボランティア支援プログラム
  • 走食系チルドレン育成プロジェクト
  • 児童、厨房に入るべし!プロジェクト(食育事業)
  • 東北の未来プロジェクト(東日本大震災復興支援事業)
  • チキンラーメン&カップヌードル保存缶プロジェクト
  • 全日本育麺 (イクメン)メニューコンテスト

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 例えば「日清戦争」などの。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集