使匈奴中郎将(しきょうどちゅうろうじょう)は、中国後漢の官職名。西河郡美稷県に駐屯し、おもに南単于を護衛するために置かれた。秩禄二千石で節を持つ。属官は従事二人。有事の際はその度に増員された。

設置編集

建武26年(50年)1月、光武帝中郎将段郴を遣わし南単于の璽綬を授け、令を下し雲中郡に入居させ、使匈奴中郎将を置いた。

ちなみに桓帝霊帝期に任官した張奐王柔の官名と、太和5年(231年)にふたたび置かれた官名は護匈奴中郎将となっている。

おもな使匈奴中郎将編集

関連項目編集

参考資料編集

  • 後漢書』(光武帝紀第一、百官志第二十八)