保沢 紀(ほざわ おさむ、1940年 - )は、日本衣装デザイナーテレビ番組衣装担当。東京衣裳の社員だった。

ほざわ おさむ
保沢 紀
本名 保沢 紀
別名義 フジテレビ衣裳部の鬼
生年月日 1940年
出生地 日本の旗 日本 栃木県
職業 衣裳担当
ジャンル テレビドラマバラエティ番組
主な作品
ものまね王座決定戦』 出演
夕やけニャンニャン』 出演
テンプレートを表示

フジテレビ衣裳部の鬼・保沢紀」としてバラエティ番組に出演したことで知られる。通称「衣装の保沢さん」。

人物・来歴編集

栃木県生まれ。1959年に栃木県立栃木高等学校卒業。同校の第60回卒業の同期生には、ヤマトホールディングス会長の有富慶二京都大学名誉教授の入倉孝次郎キッコーマン社長の牛久崇司東邦大学名誉教授の岸清がいた。

東京衣裳入社後、フジテレビ詰めとなり、同局の多くの番組で出演者の衣裳を担当した。

1985年7月2日放送の『ものまね王座決定戦』に「フジテレビ衣裳部所属」の肩書きで審査員として出演し、以降はレギュラー審査員として出演を続けた。以降は1990年代にかけて、フジテレビのバラエティー番組に出演しており、『ものまね王座決定戦』のほか、『夕やけニャンニャン』の「アイドルを探せ」コーナーでの審査員として、自らデザインしたラメ入りの衣裳を着用していた。

『ものまね王座決定戦』では、当初は他の審査員と同様に1投票枠をもっていたが、オスマン・サンコン神山三岬とセットで1枠となった時期もあった。

フジテレビ衣装部編集

フジテレビの組織上「衣裳部」は実在しないが、テレビスタジオ、撮影所に伝統的慣習的に存在する職能名である。

保沢の所属した東京衣裳は、フジテレビ衣裳部のほか、東映東京撮影所衣裳部にも常駐している。

フィルモグラフィ編集

衣裳編集

出演編集

全てフジテレビ番組