メインメニューを開く

俵木 悟(ひょうき さとる、1972年 - )は、民俗学者成城大学教授。博士(学術)。専門は民俗芸能、文化財。

俵木 悟
人物情報
生誕 俵木 悟
1972年
日本の旗 日本 千葉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 駒澤大学文学部社会学科卒業
千葉大学大学院文学研究科
千葉大学社会文化学研究科
学問
研究分野 民俗学文化人類学
研究機関 成城大学文芸学部
学位 博士(学術)
主要な作品 『文化財/文化遺産としての民俗芸能』
テンプレートを表示

略歴編集

1972年千葉県生まれ[1]1994年駒澤大学文学部卒業[2]1996年千葉大学大学院文学研究科博士課程前期修了[3]1999年、千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程後期修了[4]。「備中神楽の現代的位相に関する研究」で博士(学術)。2002年東京文化財研究所研究員[5]2011年成城大学文芸学部准教授[6]2018年より教授[7]

著書編集

  • 『文化財/文化遺産としての民俗芸能 無形文化遺産時代の研究と保護』勉誠出版、2018

共編著編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の祭りにみる伝統と創造-秋と冬の祭り
  2. ^ researchmap
  3. ^ researchmap
  4. ^ researchmap
  5. ^ 俵木 2018:301
  6. ^ researchmap
  7. ^ researchmap

参考文献編集

  • 俵木悟『文化財/文化遺産としての民俗芸能 無形文化遺産時代の研究と保護』勉誠出版、2018
  • researchmap
  • 教員紹介