メインメニューを開く

倉敷市立自然史博物館(くらしきしりつしぜんしはくぶつかん)は、岡山県倉敷市にある博物館倉敷市立図書館倉敷市立美術館の近隣に位置する。1983年11月3日に開館した。3階建てで4つの常設展示室と1つの特別展示室が存在し、岡山県の動植物や世界の昆虫化石隕石といった展示品がある。自然史に関する資料の管理・展示と教養文化の向上を目的とし、自治体からの要請で研究を行うこともある[1]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 倉敷市立自然史博物館
Kasaoka City Horseshoe Crab Museum
施設情報
管理運営 倉敷市
開館 1983年11月
所在地 701-0046
岡山県倉敷市中央2-6-1
位置 北緯34度35分43.8秒 東経133度46分7秒 / 北緯34.595500度 東経133.76861度 / 34.595500; 133.76861座標: 北緯34度35分43.8秒 東経133度46分7秒 / 北緯34.595500度 東経133.76861度 / 34.595500; 133.76861
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

目次

沿革編集

倉敷市庁舎の移設にともない、1977年から旧倉敷市庁舎跡地の利用について多数の意見が寄せられた。1980年に文化施設として利用される方針が発表され、自然史博物館として利用されることが正式に決定したのは1982年3月2日である。翌年11月3日に開館を迎え、その後も増築や記念事業を迎えつつ今日に至る[1]

収蔵資料編集

2017年3月31日時点で地学分野は約8364点、植物分野は約28万4974点、昆虫分野は約48万7859点、動物分野が約7万5064点の一次資料が収蔵されている。二次資料としては図書が1万1902点、逐次刊行物が3万4818点登録されている[2]

展示物編集

地球規模のものから、岡山県や倉敷市の自然史に関連する展示物が見られる[3]

1階
  • エントランスホール
アニマトロニクスのナウマンゾウの親子が中央に展示されている。
壁面にはケサイなど先史時代の哺乳類の彫刻が飾られているほか、学習コーナーがある。
2階
  • 第1展示室 岡山県のなりたち
太陽系地球の形成から、顕生代の生物化石などを経て、岡山県の地形や地史に関する展示が並ぶ。
  • 第2展示室 岡山県のいきもの
ツキノワグマなど岡山県に生息する動植物の剥製などが並ぶ。石灰岩台地のジオラマも展示されている。
  • 第3展示室 昆虫の世界
世界中の昆虫の標本が展示されている。
3階
  • 第4展示室 植物の世界
植物そのものの解説や、岡山県や倉敷市に分布する植物の解説がなされる。市民の生活との結びつきにも焦点が当たっている。
  • 特別展示室
企画展の際に用いられる。

出典編集

  1. ^ a b 倉敷市立自然史博物館について”. 倉敷市立自然史博物館. 2019年3月28日閲覧。
  2. ^ 収蔵資料紹介”. 倉敷市立自然史博物館. 2019年3月28日閲覧。
  3. ^ 展示案内”. 倉敷市立自然史博物館. 2019年3月28日閲覧。

外部リンク編集