瀬戸中央自動車道

日本の岡山県から瀬戸内海を渡って香川県に至る高規格幹線道路
本州四国連絡道路
有料

瀬戸中央自動車道

E30 瀬戸中央自動車道
Japanese National Route Sign 0030.svg国道30号 バイパス
路線延長 37.3 km
開通年 1988年
起点 早島町
早島IC
主な
経由都市
倉敷市
終点 坂出市
坂出IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
番の州高架橋から南備讃瀬戸大橋方面を望む

瀬戸中央自動車道(せとちゅうおうじどうしゃどう、英語: SETO-CHUO EXPRESSWAY)は、本州四国連絡道路児島・坂出ルートで、岡山県都窪郡早島町山陽自動車道早島ICから香川県坂出市高松自動車道坂出ICを結ぶ、延長37.3 kmの高規格幹線道路国道30号自動車専用道路)である。略称は瀬戸中央道

高速道路ナンバリングによる路線番号は、E30 が割り振られている[1][2]

目次

概要編集

  • 起点 : 都窪郡早島町下野
  • 終点 : 坂出市川津町下川津
  • 延長 : 37.3km
  • 規格 : 第1種第2級
  • 設計速度 : 100km/h
  • 車線 : 4車線
  • 道路幅員 : 25.0m
  • 総事業費 : 1兆1338億円
  • 工期 : 1978年(昭和53年)10月10日-1988年(昭和63年)4月10日

橋梁部分は、上部に4車線の瀬戸中央自動車道が走り、下部に本四備讃線愛称瀬戸大橋線)(下部には将来新幹線が走れるように複々線の幅員になっているが、現在は暫定的に在来線のみ設置されている。)が通る2階建ての構造である、鉄道道路併用橋である。

着工から9年6カ月を経て、日本の持つ最先端技術を駆使し、1988年(昭和63年)4月10日に開通した。

瀬戸大橋区間では、強風・積雪時には全面通行止めになる前段階として、二輪車が通行止めとなることがある。

インターチェンジなど編集

櫃石島IC及び与島ICは島民以外の一般車出入不可。櫃石島岩黒島与島には島民専用のICが存在し、カード式の無人ゲートとなっている。島民と路線バス緊急自動車等の通行用であり、一般車の通行は禁止されている。瀬戸中央自動車道のPA・SAには給油所が無い(2008年8月31日に鴻ノ池SA下り線の給油所が閉鎖)。

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。
  • 路線名の特記がないものは市道
  • BSのうち、○は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
E2 山陽自動車道早島支線 広島岡山神戸方面
1 早島IC/TB 国道2号岡山バイパス 0.0 TBは山陽道方面 岡山県 早島町
- 有城南BS - 4.0 倉敷市
- 粒江PA - 6.8
2 水島IC 県道21号岡山児島線 8.2
- 稗田BS - 11.6 休止中
- 鴻ノ池SA - 15.5
3 児島IC 18.8
- 鷲羽山北BS - 20.2
3-1 櫃石島BS/(IC) 県道273号櫃石島線 22.6 一般車流出不可 香川県 坂出市
3-2 岩黒島BS/(IC) 24.4 ICは下り線
一般車流出不可
3-3 与島PA/BS/(IC) 県道274号与島線 26.4 一般車はICから流出不可
4 坂出北IC 県道192号瀬居坂出港線 34.7 早島方面出入口
- 坂出八幡BS - 35.5 休止中
5 坂出IC/TB 国道11号坂出丸亀バイパス 37.3 TBは高松道方面
E11 高松自動車道坂出支線 高松松山方面

歴史編集

路線状況編集

開通当初の通行料金は児島-坂出北の普通車が5,500円で、1km当たりにすると約345.91円という料金であった。 本四道路の他のルートと共に、数回に亘って通行料金の引き下げが行われた。

2014年(平成26年)4月から「新たな高速道路料金」が導入されたことにより本四道路は全国路線網に編入され、児島IC-坂出北IC間の普通車の平日通行料金はETC車1,700円、現金車3,600円となった[3][4]

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=南行き+北行き
最低速度 最高速度
大型貨物
三輪牽引
左記を除く車両
早島IC - 児島IC 4=2+2 50 km/h 80 km/h 100 km/h
児島IC - 坂出IC 80 km/h

自動車専用道路のため、最低速度と大貨等・三輪・牽引の最高速度とそれ以外の車種の最高速度の各標識が3つ連なって設置されている。

道路施設編集

瀬戸大橋は、瀬戸内海の島々を足掛かりに南備讃瀬戸大橋や北備讃瀬戸大橋など6本連続する道路鉄道併用橋の総称である。個々の橋をつなぎ合わせた全長は12.3 kmにもなり、ギネスブックには1本の世界最長の道路鉄道併用橋として認定されている[5][6][注釈 1]

交通量編集

全線を通した交通量は本州側陸上部が最も多く、四国側に進むにつれて減少し、四国側陸上部が最も少なくなる。昼間12時間における平均旅行速度は全線を通して速く、最高速度(本州側陸上部100 km/h、海峡部・四国側陸上部80 km/h)を超えている区間が多い。

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
早島IC - 水島IC 15,080 17,940
水島IC - 児島IC 12,199 14,946
児島IC - 櫃石島IC 13,124 16,096
櫃石島IC - 与島IC 13,124 16,022
与島IC - 坂出北IC 13,302 16,027
坂出北IC - 坂出IC 9,526 11,448

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理編集

通過する自治体編集

接続する高速道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 単独の道路鉄道併用橋の最長は、全長3,691 mある関西国際空港連絡橋(スカイゲートブリッジ)で、世界一長い鉄道道路併用橋として知られる[5]

出典編集

  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 高速道路ナンバリング路線図”. 国土交通省. 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ 報道発表資料:新たな高速道路料金について - 国土交通省
  4. ^ 「平成26年4月からの新たな本四高速料金」について - JB本四高速
  5. ^ a b 浅井建爾 2001, pp. 224-225.
  6. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 146、「橋とトンネル」より

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集