倉田 謙(くらた けん、1881年9月19日 - 1940年1月9日)は、日本の建築家明治末期から昭和初期にかけて九州帝国大学技師を務め、九州大学(箱崎キャンパス)の校舎を多く設計したことで知られる。

概要編集

1881年(明治14年)、東京生まれ。第一高等学校(旧制)を経て、1906年(明治39年)東京帝国大学工科大学建築学科を卒業(岡田信一郎本野精吾らと同期)。

京都市嘱託技師[1]東京高等工業学校講師[2])を経て、1911年(明治44年)11月、創設されたばかりの九州帝国大学技師に就任し、臨時建築掛長として大学施設の整備に当たる。その後、1918年(大正7年)、臨時建築掛が建築課になるとその初代課長に就任[3]

また大学では講師、後に助教授を兼任し、建築構造等を教えた(工科大学・工学部に建築学科は置かれなかったが、共通の建築学講座があり、臨時建築掛・建築課の職員が授業を受け持った[4])。

1928年(昭和3年)に欧米各国を視察。1929年(昭和4年)に大学を辞任し、倉田建築事務所を開いた[5]
1940年1月9日逝去[6]

主な作品編集

 
九州大学 本部第一庁舎
 
九州大学 応用力学研究所
 
九州大学 工学部本館
 
門司区役所

九州大学編集

箱崎キャンパス
  • 九州帝国大学工学部仮実験室(1925年(大正14年)、後に事務局本部(本部第一庁舎)) - 煉瓦造2階建。1923年(大正12年)の火災により焼失した旧工学部本館の礎石、煉瓦を再利用して建設[7]
  • 工学部第一附属屋(1925年、後に教育施設部、本部第三庁舎) - 煉瓦造2階建。デザインは本部第一庁舎に似る。
  • 法文学部本館(1925年、後に応用力学研究所) - RC造3階建。現存せず。
  • 図書館(1925年、後に工学部図書館 - RC造2階建。正面の塔屋が特徴的。
  • 工学部本館(1930年(昭和5年)) - RC造3階建。中央と両翼に塔屋を持つ。
箱崎キャンパスは2019年度に伊都キャンパスへの移転が完了する計画であり、箱崎キャンパス内の建物は、旧工学部本館、本部第一庁舎、本部第三庁舎、旧正門門衛所(以上、倉田が設計担当)、正門、煉瓦塀の一部を保存・活用する一方、その他の建物は記録保存の上、解体される予定である(一部は解体済み)[8][9]
病院キャンパス(堅粕地区、馬出地区)
  • 九州帝国大学医学部第一第二第三内科教室および病室(1931年、現・基礎研究A棟) - RC造3階建。病院キャンパスのシンボル的な施設として改修され、保存措置が取られている[10]

その他編集

脚注編集

  1. ^ 西山雄大「九州帝国大学の営繕組織に関する基礎的研究 その沿革と技術職員の構成」(日本建築学会九州支部研究報告 第56号 2017年)。
  2. ^ 1909年12月-1910年11月在籍。『東京高等工業学校四十年史』(1922年)p95[1]
  3. ^ 福田晴虔「倉田謙と九大キャンパス」、九州大学大学史料室ニュース 第15号 (PDF) 、2000年3月31日
  4. ^ 西山前掲論文。
  5. ^ 『大衆人事録』第5版(1932年)、第12版(1938年)p256[2]による。
  6. ^ 『建築雑誌』659号。
  7. ^ 松葉一清他『近代建築ガイドブック 西日本編』(1984年、鹿島出版会)p72。
  8. ^ 九州大学箱崎キャンパスにおける近代建築物について(平成29年3月) 九州大学、2017年4月3日
  9. ^ 九州大学箱崎キャンパス跡地利用計画 (PDF) 福岡市・九州大学、2015年3月、p.39
  10. ^ 「九州大学(馬出)総合研究棟改修(旧医学部基礎 A 棟)施設整備等事業 業務要求水準書」[3](2004年)
  11. ^ 門司区役所(旧門司市役所) 北九州市

関連項目編集

外部リンク編集