側近護衛官(単数形/複数形、希:Σωματοφύλακες/Σωματοφύλαξ、ラテン文字転記:Somatophylakes/somatophylax、ソマトピュラケス、ソマトピュラクス)は、マケドニア王の護衛兵である。

側近護衛官には二義あり、一つは近衛歩兵部隊から選抜された歩兵親衛隊所属の護衛兵であり、もう一つはヘタイロイの中から選抜されて王に常侍する高級幕僚である。基本的に定員は7人であるが、マラヴァス攻囲の際の軍功によって、アレクサンドロス3世によってペウケスタスが例外的に8人目に任命された。

参考文献編集