メインメニューを開く

元狩(げんしゅ)は、中国前漢代の元号(紀元前122年-紀元前117年)。武帝の第4元。もともとは、単に元年・2年・3年とだけされていたが、後に各年代に名称を付けることが建議され、さかのぼって、この年代は「元狩」と名付けられた。一角獣(白麟〈白い麒麟〉という)を獲たことに由来する。

西暦との対照表編集

関連項目編集


前の元号:
元朔
中国の元号
前漢
次の元号:
元鼎