麒麟

中国神話に現れる伝説上の霊獣

麒麟(きりん、拼音: qílín チーリン)は、中国神話に現れる伝説上の動物瑞獣)の一種。

麒麟
QingQilin.jpg
頤和園にある麒麟像
各種表記
拼音 qílín
発音: チーリン
日本語読み: きりん
英文 Qilin
テンプレートを表示
麒麟をかたどった香炉清代
三才図会に描かれた麒麟(明代

泰平の世に現れる。獣類の長とされ、鳥類の長たる鳳凰と比せられ、しばしば対に扱われる[1]。ただし『淮南子』によれば、麒麟は諸獣を生んだのに対し、鳳凰は鸞鳥を生み鸞鳥が諸鳥を生んだとされており、麒麟と対応するのは正確には鳳凰より生まれた鳥となっている[2]

日本語朝鮮語では、この伝説上の動物に似た実在の動物も「麒麟」(キリン)と呼ぶ。

外見編集

形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔はに似て、の尾とをもち、麒角、中の一角生肉。背毛は五色に彩られ、毛は黄色く、身体にはがある。古くは一本角、もしくは角の無い姿だが、後世では二本角や三本角で描かれる例もある。

また、日本では東京都中央区日本橋に建つ麒麟像が広く知られているが、この像には日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージから翼が付けられている。原型製作は彫刻家(彫塑家)の渡辺長男[3]

性格編集

普段の性質は非常に穏やかで優しく、足元の虫や植物を踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う。

神聖な幻の動物と考えられており、1000年生きるという[要出典]。動物を捕らえるための罠にかけることはできない。麒麟を傷つけたり、死骸に出くわしたりするのは、不吉なこととされる。

また、『礼記』によれば、王がのある政治を行うときに現れる神聖な生き物「瑞獣」とされ、鳳凰霊亀応竜と共に「四霊」と総称されている。このことから、幼少から秀でた才を示す子どものことを、麒麟児や、天上の石麒麟などと称する。

孔子によって纏められたとされる古代中国歴史書春秋』では、聖人不在で泰平とは言えない時代に麒麟が現れ、捕らえた人々が麒麟を知らず気味悪がって打ち捨ててしまったことに、孔子は深く諦念し筆を擱(お)いてしまうという、いわゆる「獲麟」の記事をもって記述が打ち切られている。

織田信長は麒麟という字を具現化した花押麟の花押)を使用している。その理由としては、信長が将軍足利氏にかわってみずから天下を統一しよう、という願望を抱いていたためとされる[4][5]

種類編集

麒麟にはいくつか種類があると言われ、青い物を聳孤(しょうこ)、赤い物を炎駒(えんく)、白い物を索冥(さくめい)、黒い物を甪端(ろくたん)/角端(かくたん)、黄色い物を麒麟と言う。

麒麟とキリン編集

 
鄭和の航海をきっかけに朝貢された「麒麟」(『瑞応麒麟図』)

鄭和による南海遠征により、分遣隊が到達したアフリカ東岸諸国から実在動物のキリンをはじめ、ライオンヒョウダチョウシマウマサイなどを帰国時の1419年に運び[要出典]永楽帝に献上した。永楽帝はとくにキリンを気に入り、伝説上の動物「麒麟」に姿が似ていたこと、また現地のソマリ語で「首の長い草食動物」を意味する「ゲリ」[要検証]の音に似ていたこともあり、“実在の麒麟”として珍重したと言われる(ただしその信憑性は明らかではない[6])。

以上の一件以後、東アジアの学者たちはキリンが「麒麟」ではないことを認知していたが、日本語においては、明治時代博物学者たちによる訳語制定のなかで「麒麟」が訳案として持ちだされ、最終的に「麒麟」が採用された[7]。また、日本語だけでなく朝鮮語においてもキリンは「麒麟」(기린麒麟文化観光部2000年式:girin、マッキューン=ライシャワー式:kirin)と呼ばれている。一方で、中国語ではキリンは「麒麟」ではなく「長頸鹿」(“長いくびの鹿”、繁体字: 長頸鹿簡体字: 长颈鹿拼音: chángjǐnglù)と呼ばれている。

騏驎編集

麒麟のように足の速い馬のこともキリンというが、漢字で書く場合は、(へん)を鹿から馬に変えて『騏驎』とすることがある。騏驎は、故事では一日に千里も走るすばらしい馬とされる。

ことわざ「騏驎も老いては駑馬(どば)に劣る」(たとえ優れた人物でも老いて衰えると能力的に凡人にも敵わなくなることの例え)は、中国戦国時代の書物「戦国策」・斉策・斉五の「騏驥之衰也 駑馬先之 孟賁之倦也 女子勝之」(騏驎の衰うるや、駑馬これに先んじ、孟賁の疲るるや、女子これに優る)が語源。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中野美代子『中国の妖怪』〈岩波新書〉、1983年、121頁。
  2. ^    淮南子/墬形訓. - ウィキソース. 
  3. ^ 日本橋の麒麟(きりん)像-当館ホームページのロゴ画像について”. 東京都公文書館. 2020年3月30日閲覧。
  4. ^ 佐藤進一 「日本花押史の一節-十六世紀の武家の花押-」、名古屋大学文学部国史学研究室編 『名古屋大学日本史論叢』 下巻 吉川弘文館、1975年。 
  5. ^ 勝俣鎮夫 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 
  6. ^ 「麒麟」とはもともと空想上の動物のことだそうですが、この熟語が実在のキリンを表すようになったのは、どうしてですか?”. 漢字文化資料館. 大修館書店. 2020年3月30日閲覧。
  7. ^ 湯城, 吉信「ジラフがキリンと呼ばれた理由: 中国の場合、日本の場合(麒麟を巡る名物学 その一)」『人文学論集』第26号、大阪府立大学、2008年。

関連項目編集